• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二軍で猛打賞の虎ドラ1高山 課題は“コツコツ派”からの脱却

 片鱗を見せた。

 阪神のドラフト1位・高山俊(明大)が二軍の練習試合に1番左翼で出場。右へ左へ、そして中堅へと3方向に安打を打ち分けての猛打賞。24日に二軍キャンプを打ち上げた後には、一軍合流も検討されている。

 その高山が二軍キャンプで掛布二軍監督とともに取り組んできたのは打撃フォームの調整。明大時代に東京六大学最多安打(131安打)を記録した「安打製造機」は、体勢が横に流れるような打ち方でも安打にできる巧みなバットコントロールをウリにしていた。

 しかし大学時代に高山を視察していたある球団のスカウトは、「『当て逃げ』ではないが、コツンと当てて内野安打にする技術がある。それに頼ってしまうと小さくまとまるという懸念を抱いていた。大きなスイングでしっかり振り切って逆方向に打てれば、長打も増えるかもしれないが……」と見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る