「三塁は今成で十分」の声も 阪神に早くもヘイグ不要論

公開日: 更新日:

 阪神のチーム内で、不安視されているのが新助っ人のヘイグ(30=ブルージェイズ)だ。

 キャンプ中盤の13日に左脇腹を痛めて別メニュー調整が続き、キャンプ打ち上げ前の23日に二軍に“送還”。調整遅れは必至だ。

 金本監督はヘイグを三塁で起用する方針というが、チンタラしている助っ人を横目に、好調をアピールしているのが同じ三塁手の今成(28)である。

 25日の日本ハムとの練習試合に途中出場し、九回に中前に鮮やかな安打を放つと、三塁守備でも軽快な動きを見せた。キャンプを視察する在京球団の編成担当が言う。

「20日の楽天戦で逆(左)方向に本塁打を打ったように打撃力は阪神の中でも上位だよ。三塁守備も悪くないしね。三塁はヘイグじゃなく今成で十分じゃないかと思う。ヘイグは打撃を期待されているわけだが、紅白戦の感じでは(昨年限りで退団した)マートンの方が上だよ。今成はもともと捕手だし、外野も守れる。使わないならぜひウチに譲って欲しいくらいだ」

 今成は打撃、守備だけでなく、明るい性格でチームのムードメーカーも担っている。金本監督はまさかの時の「3番手捕手」という役割も期待しているそうだが、バイプレーヤーにしておくのはもったいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る