松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪聖火台をめぐる鈴なりになったアホども

公開日: 更新日:

 2020年東京オリンピックメーンスタジアムの設計に聖火台が盛り込まれていなかった。わっはっは、次から次へとアホがバレるな。

 エンブレム問題やら新国立競技場建設費問題で責任を最も問われた大会組織委員会会長・森喜朗は「2500億円のどこが高いんだかさっぱり分からない」だの「悪いのはオレじゃない」だの、指摘されりゃ逃げまくった。

 やっとこさ決まった競技場の設計に聖火台をどこに置くかが抜けていたら、判で押したように「悪いのは文科省だ、馳だ」と言い出した。

 モウロクした年寄りへは、グズる幼児をあやすときの言い方しか思いつかん。

「はいはい、おじいちゃん、悪いのはおじいちゃんじゃないんだよう。お国が悪いんだから、カッカしないで、寝てようね」

 殴られれば殴り返すのがプロレス出身者かと思っていたら、馳文科大臣は「これから専門家も入れて設置場所の検討に入りたい」と受け流したらしい。これも、「はいはい、おじいちゃんは黙ってお休みしててね~」と同じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る