松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪聖火台をめぐる鈴なりになったアホども

公開日: 更新日:

 2020年東京オリンピックメーンスタジアムの設計に聖火台が盛り込まれていなかった。わっはっは、次から次へとアホがバレるな。

 エンブレム問題やら新国立競技場建設費問題で責任を最も問われた大会組織委員会会長・森喜朗は「2500億円のどこが高いんだかさっぱり分からない」だの「悪いのはオレじゃない」だの、指摘されりゃ逃げまくった。

 やっとこさ決まった競技場の設計に聖火台をどこに置くかが抜けていたら、判で押したように「悪いのは文科省だ、馳だ」と言い出した。

 モウロクした年寄りへは、グズる幼児をあやすときの言い方しか思いつかん。

「はいはい、おじいちゃん、悪いのはおじいちゃんじゃないんだよう。お国が悪いんだから、カッカしないで、寝てようね」

 殴られれば殴り返すのがプロレス出身者かと思っていたら、馳文科大臣は「これから専門家も入れて設置場所の検討に入りたい」と受け流したらしい。これも、「はいはい、おじいちゃんは黙ってお休みしててね~」と同じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る