中井学
著者のコラム一覧
中井学プロゴルファー

1972年生まれ、大阪府出身。中学生の時にゴルフを始め、高校卒業後に米国へゴルフ留学。さまざまな理論を学んだ後に帰国し、現在はプロコーチとしてツアープロからアマチュアまで指導する。テレビのレッスン番組など各メディアでも活躍中。99年日本ゴルフツアー機構が実施するQT通過ですでにツアープレーヤーとして知られ、今年は日本プロゴルフ協会のプロテストに挑戦。プレ予選、第1次、第2次、最終を経て合格した55人中、2位タイの好成績でPGA資格を獲得した。

左足上がりのライからうまく打つ

公開日: 更新日:
中井学プロ(C)日刊ゲンダイ

 打ち上げホールの2打目は、だいたい左足上がりのライから、というシチュエーションが多くなります。

 練習場で打つようなフラットなライとは違い、この傾斜地でのショットを苦手とするアマチュアは非常に多い。

 それも距離感が合…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る