• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元選手の肩書捨て…伊シェフで再起した元ドラ1投手の挑戦

 “住みたい街”ランキング常連の東京・自由が丘。お洒落なカフェやレストランが軒を連ねる駅前で、イタリア料理店のオーナー兼シェフを務めるのが水尾嘉孝さん(47)だ。大リーグ挑戦を含め大洋(現DeNA)、オリックス、西武などで活躍した元プロ野球投手である。

「自分から元野球選手とは言わないので。私の過去を知らないお客様の方が多いと思いますよ」

 水尾さんは1990年ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。当時、球界最高額の契約金1億円でプロ入りした左腕とあって、世間の注目を浴びた。そんな投手が引退後に「イタリア料理」の道に進んだのは、本人なりの哲学があった。

「私は現役時代から、野球界はしがみつく場でも、何十年と続けられる仕事でもないと思っていました。それなら、次の職は生涯向き合える料理人がいいかなと。そこで、イタリアンで最高のシェフを目指そうと思い、引退直後の05年から大阪の老舗洋食屋で修行をしながら、夜間の料理学校に通う生活を始めました」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る