元選手の肩書捨て…伊シェフで再起した元ドラ1投手の挑戦

公開日:  更新日:

 “住みたい街”ランキング常連の東京・自由が丘。お洒落なカフェやレストランが軒を連ねる駅前で、イタリア料理店のオーナー兼シェフを務めるのが水尾嘉孝さん(47)だ。大リーグ挑戦を含め大洋(現DeNA)、オリックス、西武などで活躍した元プロ野球投手である。

「自分から元野球選手とは言わないので。私の過去を知らないお客様の方が多いと思いますよ」

 水尾さんは1990年ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。当時、球界最高額の契約金1億円でプロ入りした左腕とあって、世間の注目を浴びた。そんな投手が引退後に「イタリア料理」の道に進んだのは、本人なりの哲学があった。

「私は現役時代から、野球界はしがみつく場でも、何十年と続けられる仕事でもないと思っていました。それなら、次の職は生涯向き合える料理人がいいかなと。そこで、イタリアンで最高のシェフを目指そうと思い、引退直後の05年から大阪の老舗洋食屋で修行をしながら、夜間の料理学校に通う生活を始めました」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る