元選手の肩書捨て…伊シェフで再起した元ドラ1投手の挑戦

公開日: 更新日:

 “住みたい街”ランキング常連の東京・自由が丘。お洒落なカフェやレストランが軒を連ねる駅前で、イタリア料理店のオーナー兼シェフを務めるのが水尾嘉孝さん(47)だ。大リーグ挑戦を含め大洋(現DeNA)、オリックス、西武などで活躍した元プロ野球投手である。

「自分から元野球選手とは言わないので。私の過去を知らないお客様の方が多いと思いますよ」

 水尾さんは1990年ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。当時、球界最高額の契約金1億円でプロ入りした左腕とあって、世間の注目を浴びた。そんな投手が引退後に「イタリア料理」の道に進んだのは、本人なりの哲学があった。

「私は現役時代から、野球界はしがみつく場でも、何十年と続けられる仕事でもないと思っていました。それなら、次の職は生涯向き合える料理人がいいかなと。そこで、イタリアンで最高のシェフを目指そうと思い、引退直後の05年から大阪の老舗洋食屋で修行をしながら、夜間の料理学校に通う生活を始めました」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る