パティシエで頭角 元広島投手がスイーツ界で挑む“白星”

公開日: 更新日:

「引退後に飲食店をやる人は多いですが、パティシエになったのはさすがに……僕だけでしょうかね」

 笑いながらこう語るのは東京・代官山でカフェを経営しながらパティシエとして腕を振るう小林敦司さん(43)。なんと、元広島の投手である。

 1990年にドラフト5位で入団。99年には同姓の小林幹英(現広島投手コーチ)との継投で「あつかんリレー」と注目を浴びた。巨人時代の清原(和博容疑者)に頭部死球を与え、乱闘寸前になったことも。そんな投手が現役引退後、父親の経営する和食店の手伝いをしながらパティシエの道に進んだのは、母親の一言がきっかけだった。

「将来的に自分でカフェを持ちたい憧れはあったのですが、04年に母が静岡・熱海でカフェをやると言いまして。その手伝いをするためにはケーキやデザートも作れないといけない。そこで思い切ってタルトで有名な『キルフェボン』というケーキ店でアルバイトをさせてもらうことにしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る