打撲抹消の川島は松葉杖 V3阻止へソフトB選手が狙われる

公開日: 更新日:

 これが最初の一人になるかもしれない。

 4日、前日の日本ハム戦で田中賢の併殺崩しのスライディングを右足に食らったソフトバンクの川島が登録抹消。病院では打撲と診断され、骨に異常はなかったものの、松葉杖をつく悲壮な姿に、工藤監督は「打撲といってもひどい」と顔をしかめたほど。ソフトバンクはこの件について、近くNPBに意見書を提出する予定だ。

 しかし、ソフトバンクの負傷者は減るどころか、今後は増える一方ではないか。

 なにせ主砲の李大浩(現マリナーズ)が移籍しても、「優勝間違いなし」と言われるほど戦力は圧倒的。いくらパの5球団が「3連覇だけはさせまい」と目の色を変えたところで、正攻法で止められる相手ではない。死球上等の内角攻めは当然、川島が負傷退場したような危険な併殺崩しもいとわないだろう。川島への一件は審判団が「問題なし」と判断しただけに、なおさらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る