打撲抹消の川島は松葉杖 V3阻止へソフトB選手が狙われる

公開日:  更新日:

 これが最初の一人になるかもしれない。

 4日、前日の日本ハム戦で田中賢の併殺崩しのスライディングを右足に食らったソフトバンクの川島が登録抹消。病院では打撲と診断され、骨に異常はなかったものの、松葉杖をつく悲壮な姿に、工藤監督は「打撲といってもひどい」と顔をしかめたほど。ソフトバンクはこの件について、近くNPBに意見書を提出する予定だ。

 しかし、ソフトバンクの負傷者は減るどころか、今後は増える一方ではないか。

 なにせ主砲の李大浩(現マリナーズ)が移籍しても、「優勝間違いなし」と言われるほど戦力は圧倒的。いくらパの5球団が「3連覇だけはさせまい」と目の色を変えたところで、正攻法で止められる相手ではない。死球上等の内角攻めは当然、川島が負傷退場したような危険な併殺崩しもいとわないだろう。川島への一件は審判団が「問題なし」と判断しただけに、なおさらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る