摂津KOも救援陣完璧 ソフトBは負けて強さを見せつける

公開日:  更新日:

 昨季の日本一球団で今季もダントツの優勝候補と目されるソフトバンクが、いきなり大敗を喫した。昨季の最下位・楽天に3-7の逆転負け。序盤に首尾よく3点を奪いながら、エース摂津が二回に打者11人の猛攻をくらい、一挙5失点と炎上したのがすべてだった。

「もう少し踏ん張って欲しかった。ちょっと甘く高くいき過ぎた。先頭に立ってチームの雰囲気をつくって欲しかった。残念な形になった」

 とは、試合後の工藤監督。打線も三回以降はわずか1安打と沈黙し、楽天の開幕投手・則本に7回で11三振を喫した。昨年、トリプルスリーを達成した3番の柳田も無安打1三振。選手はみな、言葉少なに引き揚げた。

 しかし、パのある球団スコアラーはこう言った。

「負けはしましたが、逆にソフトバンクの強さを感じる試合でもありました。エースが6失点で3回KOという“負け試合”。そういう展開で出てくるリリーフ投手が点を許さなかった。摂津降板後の5イニングを4投手が計2安打1失点ですからね。改めて層の厚さを感じさせられましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る