転機は6年前…ソフトB工藤監督を変えた“反面教師”とは

公開日:  更新日:

 昨季、就任1年目でチームを2年連続日本一に導いたソフトバンクの工藤公康監督(52)。他球団からは「あれだけ戦力が豊富なら、誰が監督でも優勝できる」という陰口も聞かれたが、いくら優秀な選手を揃えても、指揮官の迷走で下位に沈んだ例はいくらでもある。

 その点、工藤監督は落ち着いていた。敗戦後もマスコミの前では敗因をつくった選手を攻撃することはなく、自身の采配ミスを責める言葉が多い。

 現役時代は自分の肩やヒジを大事にするあまり登板命令に背を向け、歴代監督に「ワガママ」と嫌われていた。それがいまや名将扱いだ。転機は6年前の2010年。最後の現役生活を送った西武時代だという。

 当時、工藤監督は横浜(現DeNA)を戦力外になり、古巣西武に16年ぶりの復帰を果たした。指揮を執っていたのはかつての後輩、渡辺久信監督(50=現西武SD)。西武の球団OBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る