転機は6年前…ソフトB工藤監督を変えた“反面教師”とは

公開日: 更新日:

 昨季、就任1年目でチームを2年連続日本一に導いたソフトバンク工藤公康監督(52)。他球団からは「あれだけ戦力が豊富なら、誰が監督でも優勝できる」という陰口も聞かれたが、いくら優秀な選手を揃えても、指揮官の迷走で下位に沈んだ例はいくらでもある。

 その点、工藤監督は落ち着いていた。敗戦後もマスコミの前では敗因をつくった選手を攻撃することはなく、自身の采配ミスを責める言葉が多い。

 現役時代は自分の肩やヒジを大事にするあまり登板命令に背を向け、歴代監督に「ワガママ」と嫌われていた。それがいまや名将扱いだ。転機は6年前の2010年。最後の現役生活を送った西武時代だという。

 当時、工藤監督は横浜(現DeNA)を戦力外になり、古巣西武に16年ぶりの復帰を果たした。指揮を執っていたのはかつての後輩、渡辺久信監督(50=現西武SD)。西武の球団OBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか