転機は6年前…ソフトB工藤監督を変えた“反面教師”とは

公開日: 更新日:

 昨季、就任1年目でチームを2年連続日本一に導いたソフトバンクの工藤公康監督(52)。他球団からは「あれだけ戦力が豊富なら、誰が監督でも優勝できる」という陰口も聞かれたが、いくら優秀な選手を揃えても、指揮官の迷走で下位に沈んだ例はいくらでもある。

 その点、工藤監督は落ち着いていた。敗戦後もマスコミの前では敗因をつくった選手を攻撃することはなく、自身の采配ミスを責める言葉が多い。

 現役時代は自分の肩やヒジを大事にするあまり登板命令に背を向け、歴代監督に「ワガママ」と嫌われていた。それがいまや名将扱いだ。転機は6年前の2010年。最後の現役生活を送った西武時代だという。

 当時、工藤監督は横浜(現DeNA)を戦力外になり、古巣西武に16年ぶりの復帰を果たした。指揮を執っていたのはかつての後輩、渡辺久信監督(50=現西武SD)。西武の球団OBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る