V3の“キーマン” ソフトB内川に聞いたキャプテン像と重圧

公開日:  更新日:

 3年連続日本一を狙うソフトバンクだが、3日現在は3勝4敗1分けのリーグ5位。昨季に続き、4番を打つ主将としてナインの先頭に立っている内川聖一(33)を直撃した。

■「今でも悩んでいる」

 昨季は4番打者として優勝に貢献。11本塁打、82打点は文句なしの成績だが、打率は.284。球界きっての巧打者が打率3割を切るのは、横浜時代(現DeNA)の07年以来、実に8年ぶりだった。

 主将としての重圧に苦しみ、工藤監督も「背負わせてしまったものがたくさんあった」と懺悔したほどだ。

――主将も2年目。重圧はなくなりましたか。

「いやいや、全然ありますよ。ないわけがない。今でも悩んでいますから。そもそも、主将は何をすべきなのか、ボクにはまだわかりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る