V3の“キーマン” ソフトB内川に聞いたキャプテン像と重圧

公開日: 更新日:

 3年連続日本一を狙うソフトバンクだが、3日現在は3勝4敗1分けのリーグ5位。昨季に続き、4番を打つ主将としてナインの先頭に立っている内川聖一(33)を直撃した。

■「今でも悩んでいる」

 昨季は4番打者として優勝に貢献。11本塁打、82打点は文句なしの成績だが、打率は.284。球界きっての巧打者が打率3割を切るのは、横浜時代(現DeNA)の07年以来、実に8年ぶりだった。

 主将としての重圧に苦しみ、工藤監督も「背負わせてしまったものがたくさんあった」と懺悔したほどだ。

――主将も2年目。重圧はなくなりましたか。

「いやいや、全然ありますよ。ないわけがない。今でも悩んでいますから。そもそも、主将は何をすべきなのか、ボクにはまだわかりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る