V3の“キーマン” ソフトB内川に聞いたキャプテン像と重圧

公開日: 更新日:

 3年連続日本一を狙うソフトバンクだが、3日現在は3勝4敗1分けのリーグ5位。昨季に続き、4番を打つ主将としてナインの先頭に立っている内川聖一(33)を直撃した。

■「今でも悩んでいる」

 昨季は4番打者として優勝に貢献。11本塁打、82打点は文句なしの成績だが、打率は.284。球界きっての巧打者が打率3割を切るのは、横浜時代(現DeNA)の07年以来、実に8年ぶりだった。

 主将としての重圧に苦しみ、工藤監督も「背負わせてしまったものがたくさんあった」と懺悔したほどだ。

――主将も2年目。重圧はなくなりましたか。

「いやいや、全然ありますよ。ないわけがない。今でも悩んでいますから。そもそも、主将は何をすべきなのか、ボクにはまだわかりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る