ハム田中“殺人スラ”に工藤監督激怒 ソフトB意見書提出へ

公開日:  更新日:

「危険行為だ!」

 ソフトバンクの工藤監督が顔を真っ赤にして吠えた。

 3日の日本ハム戦、六回裏1死一、三塁の場面で“事件”は起こった。日ハムの中田の三ゴロを捕球した松田が二塁の川島に送球。一塁走者の田中賢を封殺――と思ったら、その直後だ。即座に本塁に投げて三塁走者西川を仕留めようとした川島に、田中が併殺崩しのスライディング。右足を蹴られた川島が倒れこみ、その場で悶絶している間に西川が悠々と本塁に生還したから、工藤監督が怒った。

 すでに二塁ベースから離れていた川島の足を故意に狙ったように見える危険なスライディングだっただけに、ベンチから飛び出し、猛抗議。

 しかし、二塁塁審は、「工藤監督から危険行為ではないかと抗議がありました。しかし、判定通り2死一塁からプレーを再開します」と説明。スタンドからはホークスファンのブーイングが飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る