ハム田中“殺人スラ”に工藤監督激怒 ソフトB意見書提出へ

公開日: 更新日:

「危険行為だ!」

 ソフトバンクの工藤監督が顔を真っ赤にして吠えた。

 3日の日本ハム戦、六回裏1死一、三塁の場面で“事件”は起こった。日ハムの中田の三ゴロを捕球した松田が二塁の川島に送球。一塁走者の田中賢を封殺――と思ったら、その直後だ。即座に本塁に投げて三塁走者西川を仕留めようとした川島に、田中が併殺崩しのスライディング。右足を蹴られた川島が倒れこみ、その場で悶絶している間に西川が悠々と本塁に生還したから、工藤監督が怒った。

 すでに二塁ベースから離れていた川島の足を故意に狙ったように見える危険なスライディングだっただけに、ベンチから飛び出し、猛抗議。

 しかし、二塁塁審は、「工藤監督から危険行為ではないかと抗議がありました。しかし、判定通り2死一塁からプレーを再開します」と説明。スタンドからはホークスファンのブーイングが飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る