ハム田中“殺人スラ”に工藤監督激怒 ソフトB意見書提出へ

公開日: 更新日:

「危険行為だ!」

 ソフトバンクの工藤監督が顔を真っ赤にして吠えた。

 3日の日本ハム戦、六回裏1死一、三塁の場面で“事件”は起こった。日ハムの中田の三ゴロを捕球した松田が二塁の川島に送球。一塁走者の田中賢を封殺――と思ったら、その直後だ。即座に本塁に投げて三塁走者西川を仕留めようとした川島に、田中が併殺崩しのスライディング。右足を蹴られた川島が倒れこみ、その場で悶絶している間に西川が悠々と本塁に生還したから、工藤監督が怒った。

 すでに二塁ベースから離れていた川島の足を故意に狙ったように見える危険なスライディングだっただけに、ベンチから飛び出し、猛抗議。

 しかし、二塁塁審は、「工藤監督から危険行為ではないかと抗議がありました。しかし、判定通り2死一塁からプレーを再開します」と説明。スタンドからはホークスファンのブーイングが飛んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る