SB工藤監督を若死にさせなかった 雅子夫人の愛情と気配り

公開日:  更新日:

 指揮官となってもサポートは変わらない、いや、現役の時以上かもしれない。ソフトバンクの工藤公康監督(52)を支える、4歳年下の雅子夫人のことだ。

 2人が結婚したのは工藤監督が26歳、西武時代の89年オフ。当時の工藤監督は度重なる夜遊びで内臓はボロボロ。医者から「このままだと死ぬよ」と宣告された。雅子夫人は旦那のため、必死に栄養学やトレーニング方法などを勉強。工藤監督が48歳で引退するまで、献身的に支えていたのは有名な話だ。

 しかし、雅子夫人の支援は、こと野球だけにとどまらない。当時を知る記者が「あれはダイエー移籍初年度の95年のことです」と、こう続ける。

「あの時は奥さんの実家のある茨城で自主トレをスタートした。そこに取材で訪れた報道陣が殺到。奥さんは嫌な顔一つせず、記者を自宅にあげてもてなした。工藤の練習が終わると、『あなた、皆さんを食事に連れて行ってあげたら』と提案し、近くの料理屋に移動。そこでメシを食った後、再び自宅に戻って取材となった。そろそろお暇しようとなった時、奥さんの姿が見えない。工藤は『まあ気にしないで』と言ったので玄関のドアを開けて外に出たら、奥さんが記者用と会社用の2つのお土産を用意して待っていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る