SB工藤監督を若死にさせなかった 雅子夫人の愛情と気配り

公開日: 更新日:

 指揮官となってもサポートは変わらない、いや、現役の時以上かもしれない。ソフトバンクの工藤公康監督(52)を支える、4歳年下の雅子夫人のことだ。

 2人が結婚したのは工藤監督が26歳、西武時代の89年オフ。当時の工藤監督は度重なる夜遊びで内臓はボロボロ。医者から「このままだと死ぬよ」と宣告された。雅子夫人は旦那のため、必死に栄養学やトレーニング方法などを勉強。工藤監督が48歳で引退するまで、献身的に支えていたのは有名な話だ。

 しかし、雅子夫人の支援は、こと野球だけにとどまらない。当時を知る記者が「あれはダイエー移籍初年度の95年のことです」と、こう続ける。

「あの時は奥さんの実家のある茨城で自主トレをスタートした。そこに取材で訪れた報道陣が殺到。奥さんは嫌な顔一つせず、記者を自宅にあげてもてなした。工藤の練習が終わると、『あなた、皆さんを食事に連れて行ってあげたら』と提案し、近くの料理屋に移動。そこでメシを食った後、再び自宅に戻って取材となった。そろそろお暇しようとなった時、奥さんの姿が見えない。工藤は『まあ気にしないで』と言ったので玄関のドアを開けて外に出たら、奥さんが記者用と会社用の2つのお土産を用意して待っていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る