SB工藤監督を若死にさせなかった 雅子夫人の愛情と気配り

公開日:  更新日:

 指揮官となってもサポートは変わらない、いや、現役の時以上かもしれない。ソフトバンクの工藤公康監督(52)を支える、4歳年下の雅子夫人のことだ。

 2人が結婚したのは工藤監督が26歳、西武時代の89年オフ。当時の工藤監督は度重なる夜遊びで内臓はボロボロ。医者から「このままだと死ぬよ」と宣告された。雅子夫人は旦那のため、必死に栄養学やトレーニング方法などを勉強。工藤監督が48歳で引退するまで、献身的に支えていたのは有名な話だ。

 しかし、雅子夫人の支援は、こと野球だけにとどまらない。当時を知る記者が「あれはダイエー移籍初年度の95年のことです」と、こう続ける。

「あの時は奥さんの実家のある茨城で自主トレをスタートした。そこに取材で訪れた報道陣が殺到。奥さんは嫌な顔一つせず、記者を自宅にあげてもてなした。工藤の練習が終わると、『あなた、皆さんを食事に連れて行ってあげたら』と提案し、近くの料理屋に移動。そこでメシを食った後、再び自宅に戻って取材となった。そろそろお暇しようとなった時、奥さんの姿が見えない。工藤は『まあ気にしないで』と言ったので玄関のドアを開けて外に出たら、奥さんが記者用と会社用の2つのお土産を用意して待っていたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る