連覇狙うJ.スピース 風に苦しみながらも首位キープ

公開日:  更新日:

【マスターズ 2日目】

 史上4人目の連覇か、とパトロンの注目を集めたJ・スピース(22)だが大会2日目はオーガスタの風に苦しめられた。

 1番、3番とバーディーを奪い通算8アンダーまで伸ばした時は、独走態勢に突入か、と思われた。ところが5番パー4で、2メートルのバーディーパットからまさかの4パット。「頭の中では落ち着いていた」が、このダブルボギーからリズムが完全におかしくなった。

 8番のバーディーで1つ取り戻したが、9番、10番の連続ボギーは風を読み切れずにパーオンできなかったのが原因だ。

 15番パー5は2オンに成功して、手堅くバーディーを決めてスタート時点の6アンダー。しかし16番はピンを大きくショートして3パットボギー、17番は2打目が風に乗ってグリーンをオーバーし、アプローチも寄らずにボギー。上がり18番はカットに打った2打目が風に流されて右バンカー。脱出は6メートルと寄せきれなかったが、これを沈めてトップの座をキープした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る