連覇狙うJ.スピース 風に苦しみながらも首位キープ

公開日: 更新日:

【マスターズ 2日目】

 史上4人目の連覇か、とパトロンの注目を集めたJ・スピース(22)だが大会2日目はオーガスタの風に苦しめられた。

 1番、3番とバーディーを奪い通算8アンダーまで伸ばした時は、独走態勢に突入か、と思われた。ところが5番パー4で、2メートルのバーディーパットからまさかの4パット。「頭の中では落ち着いていた」が、このダブルボギーからリズムが完全におかしくなった。

 8番のバーディーで1つ取り戻したが、9番、10番の連続ボギーは風を読み切れずにパーオンできなかったのが原因だ。

 15番パー5は2オンに成功して、手堅くバーディーを決めてスタート時点の6アンダー。しかし16番はピンを大きくショートして3パットボギー、17番は2打目が風に乗ってグリーンをオーバーし、アプローチも寄らずにボギー。上がり18番はカットに打った2打目が風に流されて右バンカー。脱出は6メートルと寄せきれなかったが、これを沈めてトップの座をキープした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る