松山英樹は首位から3打差5位 日本人初メジャーV射程圏に

公開日: 更新日:

【マスターズ 2日目】

 上位陣が強い風と硬いグリーンに戸惑う中、イーブンパーで回った松山英樹(24)が首位に3打差の5位に浮上した。

 前半はスコアを1つ落としてバック9へ。第2打をグリーン右のバンカーに入れた難易度1位(4.573)の11番は1.5メートルのパーパットがカップに蹴られ1オーバー。アーメンコーナーでズルズル後退するかと思われたが、グリーン上空で風が舞う12番から反撃開始。このホールは、右上5メートルからのバーディーパットがカップ右端から1周して入ると、13番は第2打をグリーンに乗せて13メートルから2パット。14番も2.5メートルを1パットで沈めて3連続バーディー。この時点で通算2アンダーとし首位のジョーダンに2打差に迫った。

 もう一つの見せ場は16番。第1打をグリーン右手前に外し、下り傾斜の難しいアプローチはカラーに3クッションさせて1.2メートルへ。ここでパーを拾う。17番は、カップまで30ヤード以上の距離を2パットでしのぐ。18番は第2打がグリーン手前から花道まで戻り、第3打がピンを4メートルオーバー。ここをボギーとし、通算1アンダーで2日目を終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る