“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か

公開日:  更新日:

 日米通じてプロ25年目を迎えたベテランにとって、それは屈辱以外の何物でもなかったに違いない。

 マーリンズのイチロー(42)が16日(日本時間17日)のブレーブス戦で「代打の代打」を送られた。代打で出場予定も、相手投手が左腕に代わると「代打の代打」を送られ、一度も打席に立つことなくベンチに引き揚げたのだ。イチローが「代打の代打」を出されたのは、野球を生業とするようになって初めてのことだ。

 18日(日本時間19日)現在、マーリンズは11試合を消化。そのうちイチローのスタメン出場はたった1回しかない。ここまで10打数4安打の打率4割。与えられた数少ないチャンスはモノにしながら、首脳陣には“アテ馬”のような起用をされている。

 マーリンズの外野はメジャーでも一、二を争う布陣。スタントン(26)、イエリッチ(24)、オズナ(25)の3人は、いずれも走攻守三拍子そろった若手有望株。マッティングリー監督が3人を優先して使う事情は理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る