• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か

 日米通じてプロ25年目を迎えたベテランにとって、それは屈辱以外の何物でもなかったに違いない。

 マーリンズのイチロー(42)が16日(日本時間17日)のブレーブス戦で「代打の代打」を送られた。代打で出場予定も、相手投手が左腕に代わると「代打の代打」を送られ、一度も打席に立つことなくベンチに引き揚げたのだ。イチローが「代打の代打」を出されたのは、野球を生業とするようになって初めてのことだ。

 18日(日本時間19日)現在、マーリンズは11試合を消化。そのうちイチローのスタメン出場はたった1回しかない。ここまで10打数4安打の打率4割。与えられた数少ないチャンスはモノにしながら、首脳陣には“アテ馬”のような起用をされている。

 マーリンズの外野はメジャーでも一、二を争う布陣。スタントン(26)、イエリッチ(24)、オズナ(25)の3人は、いずれも走攻守三拍子そろった若手有望株。マッティングリー監督が3人を優先して使う事情は理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る