“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か

公開日: 更新日:

 日米通じてプロ25年目を迎えたベテランにとって、それは屈辱以外の何物でもなかったに違いない。

 マーリンズのイチロー(42)が16日(日本時間17日)のブレーブス戦で「代打の代打」を送られた。代打で出場予定も、相手投手が左腕に代わると「代打の代打」を送られ、一度も打席に立つことなくベンチに引き揚げたのだ。イチローが「代打の代打」を出されたのは、野球を生業とするようになって初めてのことだ。

 18日(日本時間19日)現在、マーリンズは11試合を消化。そのうちイチローのスタメン出場はたった1回しかない。ここまで10打数4安打の打率4割。与えられた数少ないチャンスはモノにしながら、首脳陣には“アテ馬”のような起用をされている。

 マーリンズの外野はメジャーでも一、二を争う布陣。スタントン(26)、イエリッチ(24)、オズナ(25)の3人は、いずれも走攻守三拍子そろった若手有望株。マッティングリー監督が3人を優先して使う事情は理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る