イチロー3000安打に暗雲 同僚好調で“第5の外野手”降格も

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手はますますベンチで肩身の狭い思いをするかもしれない。メジャー16年目の今季、通算3000安打を目指すマーリンズ・イチロー(42)のことだ。

 オープン戦ではベテラン特権で敵地への遠征は免除され、1勤1休のペースでホームの試合のみ出場。27日現在、14試合で34打数7安打の打率2割6厘、1打点。そこそこ出場機会を与えられながら、結果は残せていない。

 調子が上向く気配すらないイチローとは対照的に、同じ控え外野手が好調だ。昨季途中にメジャー昇格したコール・ギレスピー(31)は外野の3ポジションをこなしながらここまで16試合に出場して、31打数12安打の打率3割8分7厘、2打点。打率はチームトップで、盗塁(1)もマークするなど、メジャー生き残りをかけて走攻守すべてでアピールしている。

 昨季は67試合で打率2割9分、2本塁打とまずまずの結果を残しただけに、マーリンズの首脳陣はギレスピーの打撃を高く評価。外野は左翼イエリッチ、中堅オズナ、右翼スタントンの3人で決まっているだけに、打撃を生かすために一塁へのコンバートも検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る