イチロー3000安打に暗雲 同僚好調で“第5の外野手”降格も

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手はますますベンチで肩身の狭い思いをするかもしれない。メジャー16年目の今季、通算3000安打を目指すマーリンズ・イチロー(42)のことだ。

 オープン戦ではベテラン特権で敵地への遠征は免除され、1勤1休のペースでホームの試合のみ出場。27日現在、14試合で34打数7安打の打率2割6厘、1打点。そこそこ出場機会を与えられながら、結果は残せていない。

 調子が上向く気配すらないイチローとは対照的に、同じ控え外野手が好調だ。昨季途中にメジャー昇格したコール・ギレスピー(31)は外野の3ポジションをこなしながらここまで16試合に出場して、31打数12安打の打率3割8分7厘、2打点。打率はチームトップで、盗塁(1)もマークするなど、メジャー生き残りをかけて走攻守すべてでアピールしている。

 昨季は67試合で打率2割9分、2本塁打とまずまずの結果を残しただけに、マーリンズの首脳陣はギレスピーの打撃を高く評価。外野は左翼イエリッチ、中堅オズナ、右翼スタントンの3人で決まっているだけに、打撃を生かすために一塁へのコンバートも検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る