イチロー3000安打に暗雲 同僚好調で“第5の外野手”降格も

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手はますますベンチで肩身の狭い思いをするかもしれない。メジャー16年目の今季、通算3000安打を目指すマーリンズ・イチロー(42)のことだ。

 オープン戦ではベテラン特権で敵地への遠征は免除され、1勤1休のペースでホームの試合のみ出場。27日現在、14試合で34打数7安打の打率2割6厘、1打点。そこそこ出場機会を与えられながら、結果は残せていない。

 調子が上向く気配すらないイチローとは対照的に、同じ控え外野手が好調だ。昨季途中にメジャー昇格したコール・ギレスピー(31)は外野の3ポジションをこなしながらここまで16試合に出場して、31打数12安打の打率3割8分7厘、2打点。打率はチームトップで、盗塁(1)もマークするなど、メジャー生き残りをかけて走攻守すべてでアピールしている。

 昨季は67試合で打率2割9分、2本塁打とまずまずの結果を残しただけに、マーリンズの首脳陣はギレスピーの打撃を高く評価。外野は左翼イエリッチ、中堅オズナ、右翼スタントンの3人で決まっているだけに、打撃を生かすために一塁へのコンバートも検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る