選手を称賛も采配は無情…巨人・由伸監督の“本音と建前”

公開日: 更新日:

 熊本、鹿児島での試合が地震の影響で中止となった巨人は19日、川崎市のジャイアンツ球場で練習を行い、内野手の寺内崇幸(32)が捕手の練習を行った。現在、一軍の捕手は2人。「第3捕手」が必要になる緊急時に備えたもので、高橋監督は「危機管理」と説明した。

 村田ヘッドコーチによると、打撃のいい相川を代打で使いたいからだという。先発の小林誠にアクシデントがあると、捕手がいなくなる事態が想定される。それを見越して手を打ったわけだ。

 とはいえ、由伸流ではなく、オリジナルは原前監督。6年前の10年秋に寺内に指令を出して11年シーズンからスタンバイさせていた。高橋監督の采配は前監督とは「対照的で手堅い」と周辺のコーチは口を揃えるが、踏襲できるところはしっかりというか、ちゃっかり受け継ぐ。意外にも「したたか」という声が聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る