1カ月でコーチ配転3度…最下位オリ止まらない“責任転嫁”

公開日:  更新日:

 開幕1カ月でコーチを3回も配置転換したのがオリックス。昨28日、三輪一軍バッテリーコーチを育成コーチ、鈴木二軍育成コーチを一軍バッテリーコーチにすると発表した。

「バッテリー部門がうまくいっていない。四球も多くなっている(リーグワーストの124)。発想の転換も含めて考えた方法」とは横田球団副本部長だ。

 28日現在、9勝15敗の最下位。防御率4・99はリーグワーストで、確かに「バッテリー部門はうまくいっていない」。しかし、うまくいっていないのはバッテリー部門に限らない。チーム総得点(72)もチーム打率(・238)もリーグワーストだ。

 開幕後、酒井一軍投手コーチをベンチ担当からブルペン担当へ。さらに二軍の星野育成コーチと入れ替えたものの、状況は一向に改善されない。そして今回が3度目の配置転換になる。フロントはチーム編成の失敗の責任をコーチに押し付け、やれることはやっていると内外にアピールしているようにしか見えないのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る