球団は警戒…オリ糸井「国内FA権取得」も“不気味な無言”

公開日:  更新日:

 オリックスの糸井嘉男(34)が28日、国内FAの権利を取得した。

 札幌市内で練習した本人はFA権について言及しなかったが、一昨年のオフにはポスティングによる米球界挑戦の希望を球団に伝えている。日本ハム時代からメジャー志向が強いことで知られている糸井だけに、オリックスの瀬戸山球団本部長は「必要な戦力。全力で引き留めます」と早くも流出を警戒していた。

 地元放送局関係者がこう言う。

「メジャーについては聞かなくなった。昨年、6年連続で続けていた打率3割を切り、・262、17本塁打、68打点と不振をかこった。原因は古傷の左ヒザの故障で、これが本人の予想以上に長引いた。『超人』と言われ、体力には自信があっただけに、ショックを受けていました。海外FA権を取得するのは、36歳になる来年オフ。年齢的にもメジャーは現実として意識できなくなったのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る