打撃はワースト記録ばかり オリ選手抱える前監督の後遺症

公開日: 更新日:

 最近のこと。パ・リーグのあるコーチが、オリックスの関係者にこう言ったそうだ。

「打者の多くは、ボールに合わせるようなスイングしかしてこない。投手からすれば、打たれたとしてもヒット、一発を食うという怖さがないのです。ウチの投手陣は『オリックス戦は思い切った投球ができる』と口々に話しています」

 オリックスは開幕から13試合本塁打なし。2リーグ制以降最長のワースト記録は、作られるべくして作られたというのだ。

 21日現在、チーム本塁打は12球団最少の6。そのうち半分の3本は糸井が打ったものだから、合わせにいく打撃をしている選手がいかに多いかが分かる。

 総得点60とチーム打率2割3分3厘はいずれもリーグワースト。一発がないならと、いきおい、相手投手に思い切った投球をされるようになり、ただでさえ低調な打線はいっそう湿っているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る