打撃はワースト記録ばかり オリ選手抱える前監督の後遺症

公開日:  更新日:

 最近のこと。パ・リーグのあるコーチが、オリックスの関係者にこう言ったそうだ。

「打者の多くは、ボールに合わせるようなスイングしかしてこない。投手からすれば、打たれたとしてもヒット、一発を食うという怖さがないのです。ウチの投手陣は『オリックス戦は思い切った投球ができる』と口々に話しています」

 オリックスは開幕から13試合本塁打なし。2リーグ制以降最長のワースト記録は、作られるべくして作られたというのだ。

 21日現在、チーム本塁打は12球団最少の6。そのうち半分の3本は糸井が打ったものだから、合わせにいく打撃をしている選手がいかに多いかが分かる。

 総得点60とチーム打率2割3分3厘はいずれもリーグワースト。一発がないならと、いきおい、相手投手に思い切った投球をされるようになり、ただでさえ低調な打線はいっそう湿っているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る