米国での激太り解消も オリ中島の故障癖は“断食”が原因か

公開日: 更新日:

 スポーツ選手にとって切り離せないのが体重管理だ。

 多くの選手は自分のベスト体重が何キロかを把握。トレーニングや栄養学を駆使し、自分が最もパフォーマンスを出しやすい体重を維持しているが、これは簡単なことではない。

 例えば、オリックス中島宏之(33)は昨年、シーズン中に断食を慣行した。というのも、13、14年の米国生活で激太り。

「14年オフに日本球界に復帰した際は、腹が突き出て二重アゴ。オリックスのキャンプで上半身裸の姿を見ると、まるで中年太りのオジサンのように下腹がポッコリ出ていた。『体を絞らないとケガをするぞ』と話したんですが……」

 こう言ったOBの危惧は的中した。昨年4月、走っただけで右太ももを負傷したのだ。

 中島も体重増が原因と感じたのだろう。本人いわく、「二軍落ちした数日間は栄養のあるジュースだけを飲んでいた」とのことで、ベスト体重である90キロ近くまで減量し、「体のキレが違う」と喜んでいた。ところが、体力まで落ちたのか夏場に入るや成績が下降。6月は3割5分を打つも、7、8月の月間打率は2割3分台。最終的に打率.240と低迷した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る