米国での激太り解消も オリ中島の故障癖は“断食”が原因か

公開日: 更新日:

 スポーツ選手にとって切り離せないのが体重管理だ。

 多くの選手は自分のベスト体重が何キロかを把握。トレーニングや栄養学を駆使し、自分が最もパフォーマンスを出しやすい体重を維持しているが、これは簡単なことではない。

 例えば、オリックスの中島宏之(33)は昨年、シーズン中に断食を慣行した。というのも、13、14年の米国生活で激太り。

「14年オフに日本球界に復帰した際は、腹が突き出て二重アゴ。オリックスのキャンプで上半身裸の姿を見ると、まるで中年太りのオジサンのように下腹がポッコリ出ていた。『体を絞らないとケガをするぞ』と話したんですが……」

 こう言ったOBの危惧は的中した。昨年4月、走っただけで右太ももを負傷したのだ。

 中島も体重増が原因と感じたのだろう。本人いわく、「二軍落ちした数日間は栄養のあるジュースだけを飲んでいた」とのことで、ベスト体重である90キロ近くまで減量し、「体のキレが違う」と喜んでいた。ところが、体力まで落ちたのか夏場に入るや成績が下降。6月は3割5分を打つも、7、8月の月間打率は2割3分台。最終的に打率.240と低迷した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る