米国での激太り解消も オリ中島の故障癖は“断食”が原因か

公開日:  更新日:

 スポーツ選手にとって切り離せないのが体重管理だ。

 多くの選手は自分のベスト体重が何キロかを把握。トレーニングや栄養学を駆使し、自分が最もパフォーマンスを出しやすい体重を維持しているが、これは簡単なことではない。

 例えば、オリックスの中島宏之(33)は昨年、シーズン中に断食を慣行した。というのも、13、14年の米国生活で激太り。

「14年オフに日本球界に復帰した際は、腹が突き出て二重アゴ。オリックスのキャンプで上半身裸の姿を見ると、まるで中年太りのオジサンのように下腹がポッコリ出ていた。『体を絞らないとケガをするぞ』と話したんですが……」

 こう言ったOBの危惧は的中した。昨年4月、走っただけで右太ももを負傷したのだ。

 中島も体重増が原因と感じたのだろう。本人いわく、「二軍落ちした数日間は栄養のあるジュースだけを飲んでいた」とのことで、ベスト体重である90キロ近くまで減量し、「体のキレが違う」と喜んでいた。ところが、体力まで落ちたのか夏場に入るや成績が下降。6月は3割5分を打つも、7、8月の月間打率は2割3分台。最終的に打率.240と低迷した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る