• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国での激太り解消も オリ中島の故障癖は“断食”が原因か

 スポーツ選手にとって切り離せないのが体重管理だ。

 多くの選手は自分のベスト体重が何キロかを把握。トレーニングや栄養学を駆使し、自分が最もパフォーマンスを出しやすい体重を維持しているが、これは簡単なことではない。

 例えば、オリックスの中島宏之(33)は昨年、シーズン中に断食を慣行した。というのも、13、14年の米国生活で激太り。

「14年オフに日本球界に復帰した際は、腹が突き出て二重アゴ。オリックスのキャンプで上半身裸の姿を見ると、まるで中年太りのオジサンのように下腹がポッコリ出ていた。『体を絞らないとケガをするぞ』と話したんですが……」

 こう言ったOBの危惧は的中した。昨年4月、走っただけで右太ももを負傷したのだ。

 中島も体重増が原因と感じたのだろう。本人いわく、「二軍落ちした数日間は栄養のあるジュースだけを飲んでいた」とのことで、ベスト体重である90キロ近くまで減量し、「体のキレが違う」と喜んでいた。ところが、体力まで落ちたのか夏場に入るや成績が下降。6月は3割5分を打つも、7、8月の月間打率は2割3分台。最終的に打率.240と低迷した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る