西武の“カモ”は今季も健在 本拠地でオリに余裕の逆転勝ち

公開日: 更新日:

 このままでは、終わらない。選手はもちろん、両軍のファンもそう思ったのではないか。

 西武がサヨナラ勝ちした25日のオリックスとの開幕戦。中盤までは完全にオリックスに主導権を握られた。七回表を終えた時点で西武の0-3。オリックスのエース金子にわずか1安打に封じられていた西武打線には、チャンスをつくる雰囲気すら感じられなかったのだが、ナインの表情にはどこか余裕があった。

 なにしろ、この両球団の昨年の対戦成績は西武の15勝10敗。特に西武プリンス球場では11勝2敗と圧倒的だったから、プレッシャーを感じていたのは3点リードのオリックスの方だったろう。

 案の定、沈黙してた西武打線が七回裏に金子をつかまえ、3点を奪って試合を振り出しに。九回表に1点を勝ち越されても動じず、その裏、オリックス新守護神のコーディエを攻め立て、1死二塁から2番・栗山の右中間三塁打で同点、続くメヒアの中前打でナインの歓喜の輪が広がった。

 西武のカモは今年も健在である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る