西武の“カモ”は今季も健在 本拠地でオリに余裕の逆転勝ち

公開日: 更新日:

 このままでは、終わらない。選手はもちろん、両軍のファンもそう思ったのではないか。

 西武がサヨナラ勝ちした25日のオリックスとの開幕戦。中盤までは完全にオリックスに主導権を握られた。七回表を終えた時点で西武の0-3。オリックスのエース金子にわずか1安打に封じられていた西武打線には、チャンスをつくる雰囲気すら感じられなかったのだが、ナインの表情にはどこか余裕があった。

 なにしろ、この両球団の昨年の対戦成績は西武の15勝10敗。特に西武プリンス球場では11勝2敗と圧倒的だったから、プレッシャーを感じていたのは3点リードのオリックスの方だったろう。

 案の定、沈黙してた西武打線が七回裏に金子をつかまえ、3点を奪って試合を振り出しに。九回表に1点を勝ち越されても動じず、その裏、オリックス新守護神のコーディエを攻め立て、1死二塁から2番・栗山の右中間三塁打で同点、続くメヒアの中前打でナインの歓喜の輪が広がった。

 西武のカモは今年も健在である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る