• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

品格どこへ…横綱白鵬「金刺繍名入りバスローブ」でご満悦

 支度部屋の風呂場から出てきた白鵬(31)の姿に、報道陣の目がテンになった。そこにいたのは純白のバスローブをまとった横綱。胸には「白鵬」と金色の刺繍が入っていた。

 初日に歴代1位タイの幕内879勝に並ぶと、人さし指で「ナンバーワン」。単独トップの880勝を達成した2日目は付け人と一緒にガッツポーズと、連日のようにマスコミに写真を撮らせている。

 が、横綱には品格というものがある。バスローブはもとより、自分のしこ名を金色で刺繍するに至っては……風呂上がりに着るものには規定がないからといって、何をしてもいいわけではない。

 もともとモンゴル人には「強い者は偉い」という考え方が伝統的にある。白鵬のダメ押しやヒジ打ちがやまないのも、「強いオレは何をしても許される」と勘違いしているからだろう。日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がある。本当に強い者は謙虚であってしかるべき。横綱はそれを体現する存在のはずだったが、白鵬には何を言っても無駄か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る