品格どこへ…横綱白鵬「金刺繍名入りバスローブ」でご満悦

公開日: 更新日:

 支度部屋の風呂場から出てきた白鵬(31)の姿に、報道陣の目がテンになった。そこにいたのは純白のバスローブをまとった横綱。胸には「白鵬」と金色の刺繍が入っていた。

 初日に歴代1位タイの幕内879勝に並ぶと、人さし指で「ナンバーワン」。単独トップの880勝を達成した2日目は付け人と一緒にガッツポーズと、連日のようにマスコミに写真を撮らせている。

 が、横綱には品格というものがある。バスローブはもとより、自分のしこ名を金色で刺繍するに至っては……風呂上がりに着るものには規定がないからといって、何をしてもいいわけではない。

 もともとモンゴル人には「強い者は偉い」という考え方が伝統的にある。白鵬のダメ押しやヒジ打ちがやまないのも、「強いオレは何をしても許される」と勘違いしているからだろう。日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がある。本当に強い者は謙虚であってしかるべき。横綱はそれを体現する存在のはずだったが、白鵬には何を言っても無駄か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る