白鵬の“ラフプレー”に照準 新生「審判部」が相撲を変える

公開日: 更新日:

 土俵が変わるか否かの分水嶺――と言っても過言じゃない。

 8日に初日を迎える大相撲夏場所。先場所13勝を挙げた大関稀勢の里ら多くの力士が腕を撫す中、彼らに負けじと鼻息が荒いのが審判部だ。

 4月の理事長選後、相撲協会の要職は一新された。審判部も例外ではなく、「土俵の充実」を掲げて改革に意欲を燃やしている。4月26日には力士会に乗り込み、手のつき方や立ち合いを注意した。審判部が力士会に出席するのは異例も異例。彼らの本気度がよく分かるというものだ。

「中でも血気盛んなのが友綱審判部副部長(元関脇魁輝)です。相撲教習所所長という“閑職”だったのが新体制下で審判部に“栄転”。もともと土俵上の所作には厳格な親方だけに、厳しさはこれまでの審判部の比ではない」(ある親方)

 そんな審判部に早くも新関脇の琴勇輝は白旗。立ち合い直前に「ホウ!」と叫ぶのをルーティンとしており、かつて横綱白鵬(31)から「犬じゃないんだから」と注意されても、聞き流していた。それが審判部の注意には「言われたことを受け止める姿勢が大事」と、あっさり屈してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  5. 5

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  10. 10

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

もっと見る