白鵬の“ラフプレー”に照準 新生「審判部」が相撲を変える

公開日:  更新日:

 土俵が変わるか否かの分水嶺――と言っても過言じゃない。

 8日に初日を迎える大相撲夏場所。先場所13勝を挙げた大関稀勢の里ら多くの力士が腕を撫す中、彼らに負けじと鼻息が荒いのが審判部だ。

 4月の理事長選後、相撲協会の要職は一新された。審判部も例外ではなく、「土俵の充実」を掲げて改革に意欲を燃やしている。4月26日には力士会に乗り込み、手のつき方や立ち合いを注意した。審判部が力士会に出席するのは異例も異例。彼らの本気度がよく分かるというものだ。

「中でも血気盛んなのが友綱審判部副部長(元関脇魁輝)です。相撲教習所所長という“閑職”だったのが新体制下で審判部に“栄転”。もともと土俵上の所作には厳格な親方だけに、厳しさはこれまでの審判部の比ではない」(ある親方)

 そんな審判部に早くも新関脇の琴勇輝は白旗。立ち合い直前に「ホウ!」と叫ぶのをルーティンとしており、かつて横綱白鵬(31)から「犬じゃないんだから」と注意されても、聞き流していた。それが審判部の注意には「言われたことを受け止める姿勢が大事」と、あっさり屈してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る