• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬の“ラフプレー”に照準 新生「審判部」が相撲を変える

 土俵が変わるか否かの分水嶺――と言っても過言じゃない。

 8日に初日を迎える大相撲夏場所。先場所13勝を挙げた大関稀勢の里ら多くの力士が腕を撫す中、彼らに負けじと鼻息が荒いのが審判部だ。

 4月の理事長選後、相撲協会の要職は一新された。審判部も例外ではなく、「土俵の充実」を掲げて改革に意欲を燃やしている。4月26日には力士会に乗り込み、手のつき方や立ち合いを注意した。審判部が力士会に出席するのは異例も異例。彼らの本気度がよく分かるというものだ。

「中でも血気盛んなのが友綱審判部副部長(元関脇魁輝)です。相撲教習所所長という“閑職”だったのが新体制下で審判部に“栄転”。もともと土俵上の所作には厳格な親方だけに、厳しさはこれまでの審判部の比ではない」(ある親方)

 そんな審判部に早くも新関脇の琴勇輝は白旗。立ち合い直前に「ホウ!」と叫ぶのをルーティンとしており、かつて横綱白鵬(31)から「犬じゃないんだから」と注意されても、聞き流していた。それが審判部の注意には「言われたことを受け止める姿勢が大事」と、あっさり屈してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る