八角信芳理事長にズバリ聞く「協会」「白鵬」「貴乃花」

公開日: 更新日:

 角界は今、活気づいている。初場所で大関琴奨菊(32)が日本出身力士としては59場所ぶりに優勝、先場所も同じく大関稀勢の里(29)が開幕10連勝で土俵を盛り上げた。そんな中、相撲界の舵取りを担うのが八角信芳理事長(52=元横綱北勝海)だ。先月の理事長選で貴乃花親方(43=元横綱)と壮絶なバトルを繰り広げたのは周知の通り。その貴乃花親方を巡業部長に据え、執行部から外したのは遺恨なのか。1月に解雇した顧問は、先の理事長選でも暗躍したといわれる。パチンコメーカーの代理店関係者から裏金をもらっていた顧問に、損害賠償請求をするつもりはないか。洗いざらい聞いた。

白鵬には立派な振る舞いをしてもらいたい

――理事長として初場所の琴奨菊の優勝、先場所の稀勢の里の快進撃をどう見ましたか。

「それが土俵の充実ということになると思いますね。わたしが広報部に来たときはちょうど不祥事(野球賭博と八百長事件)があって、お客さんが減っていった。その中でどうしたらお客さんに来ていただけるか。ツイッターとか、ラインとか、いろいろなことをしてお客さんを国技館に呼んでも、相撲を見て、すごいなという部分がなければ、せっかく来てくれたお客さんも結局、一度限りになってしまう。ですから、もう一度来たいなと思ってもらうためにも土俵の充実、いい相撲を見せることが一番大切だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  10. 10

    「ポスト安倍」筆頭の石破茂が国民の信頼を得る方法とは

もっと見る