角界に“昇進ムード”…稀勢の里「横綱」への高いハードル

公開日: 更新日:

 日本人大関をめぐって、土俵外がかまびすしい。

 8日に初日を迎えた大相撲夏場所。大関稀勢の里(29)は妙義龍を寄り切り、無難に白星発進となった。

 この稀勢の里は今場所優勝となれば、横綱昇進が取り沙汰されている。これまで賜杯を抱いた経験はゼロ。現在は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」が横綱昇進の基準だ。確かに先場所は13勝だが、それが「優勝に準ずる成績」かどうかは、判断が分かれる。それでも角界には昇進ムードが漂っているのだ。

 当然ながら、ハードルは高い。八角理事長(元横綱北勝海)が「強いな、という相撲を続けること。まずは優勝してから」と話せば、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)も「14勝以上で3横綱を倒した上で優勝」と話している。

 しかし、面白くないのはモンゴル人横綱たちだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る