• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

角界に“昇進ムード”…稀勢の里「横綱」への高いハードル

 日本人大関をめぐって、土俵外がかまびすしい。

 8日に初日を迎えた大相撲夏場所。大関稀勢の里(29)は妙義龍を寄り切り、無難に白星発進となった。

 この稀勢の里は今場所優勝となれば、横綱昇進が取り沙汰されている。これまで賜杯を抱いた経験はゼロ。現在は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」が横綱昇進の基準だ。確かに先場所は13勝だが、それが「優勝に準ずる成績」かどうかは、判断が分かれる。それでも角界には昇進ムードが漂っているのだ。

 当然ながら、ハードルは高い。八角理事長(元横綱北勝海)が「強いな、という相撲を続けること。まずは優勝してから」と話せば、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)も「14勝以上で3横綱を倒した上で優勝」と話している。

 しかし、面白くないのはモンゴル人横綱たちだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る