角界に“昇進ムード”…稀勢の里「横綱」への高いハードル

公開日: 更新日:

 日本人大関をめぐって、土俵外がかまびすしい。

 8日に初日を迎えた大相撲夏場所。大関稀勢の里(29)は妙義龍を寄り切り、無難に白星発進となった。

 この稀勢の里は今場所優勝となれば、横綱昇進が取り沙汰されている。これまで賜杯を抱いた経験はゼロ。現在は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」が横綱昇進の基準だ。確かに先場所は13勝だが、それが「優勝に準ずる成績」かどうかは、判断が分かれる。それでも角界には昇進ムードが漂っているのだ。

 当然ながら、ハードルは高い。八角理事長(元横綱北勝海)が「強いな、という相撲を続けること。まずは優勝してから」と話せば、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)も「14勝以上で3横綱を倒した上で優勝」と話している。

 しかし、面白くないのはモンゴル人横綱たちだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る