実戦復帰で首脳期待も 巨人クルーズに“春先の男”懸念再発

公開日: 更新日:

 自打球を当てて左足首を痛め、二軍で調整していた巨人のルイス・クルーズ(32)が実戦復帰した。

 12日のロッテとの二軍戦に出場。3打数無安打に終わったが、「感覚は良かった。骨折でないことも証明できた」と汗を拭った。一軍の村田ヘッドコーチが視察。「問題ない。5番(打者)が戻ってくれれば大きい」と13日の一軍昇格が濃厚となった。

 まるで救世主扱いだ。4月28日の阪神戦で負傷。翌29日に登録を抹消されてから、チームは3勝7敗と失速した。打線はこの間10試合で平均2.4得点と貧打に陥った、ことになっている。村田ヘッドが言うように、5番の助っ人の復帰は大きいには違いない。相乗効果で打率・220と不振にあえぐ4番ギャレットも復活すると期待されている。

 が、離脱前のクルーズの成績は.277、4本塁打と至って普通。そもそも、ロッテ時代の昨季は「春先の男」といわれていた。16本塁打中12本を5月終わりまでに量産。5月に限れば打率.310、9発と爆発した。しかし、気温の上昇と共にジワジワと打てなくなった。古巣ロッテ関係者がこう証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る