2試合無安打で打率急降下 巨人クルーズに“太り過ぎ”懸念

公開日:  更新日:

 巨人の首脳陣が心配している助っ人がいる。

 ロッテから移籍したルイス・クルーズ(32)である。開幕から「5番・二塁」に定着。定評のある守備はもちろん、勝負強い打撃で4番のギャレットとともにチームの開幕ダッシュに貢献した。開幕4戦目までに2発を放ち、「ギャレットよりクルーズの活躍が大きい」と球団幹部も目を細めていたが、ここ2試合は無安打に終わった。

「高橋監督やコーチ陣が心配しているのはオーバーウエートです。ロッテ時代から“公式体重”は95キロで変わらないものの、あるコーチは『ロッテの頃はもっと体が絞れていた。まるで別人。10キロくらいは太ったんじゃないのか』と“100キロ超級”であると指摘。昨季ゴールデングラブ賞のグラブさばきや、捕球してからの速さは誰もが認めるところでも、横の動きが鈍いとみる首脳陣もいる。何より体が重過ぎれば足腰に負担がかかる。すでに主力の役割を担わせている首脳陣は、故障を心配しているんです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る