西武戦だけ打率.481 オリ助っ人モレルの不可解キラーぶり

公開日: 更新日:

 西武戦にはやたらと強い。

 オリックスの新外国人モレル(29)が5日の試合で先制ソロ。打線を勢いづかせた。

 開幕から4番に座りながら、ここまで打率.255の2本塁打。調子が上向く気配もなく、前カードの楽天戦では2試合でスタメンを外された。

 が、どういうわけか、西武のユニホームを見ると元気になる。対戦打率は.481。今季の25安打中13本を西武戦で放ち、今回の3連戦でも5安打2打点1本塁打と気を吐いた。

 試合後、「相性がいいね」と喜んだ福良監督だが、もちろん、“ほかでも打てよ”が本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  7. 7

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  8. 8

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  9. 9

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る