森田健
著者のコラム一覧
森田健日本ボクシングコミッション顧問

1935年3月22日、群馬県高崎市生まれ。14歳から高崎ボクシングクラブのモスキート級で活躍し、アマ戦績19勝4敗。58年新和ジムに入門。プロでは21戦13勝5敗3分け。60年に引退後はインドネシア大使館に勤務し、64年に審判員に転向した。同年にジャッジとして、67年にレフェリーとしてデビューすると、2005年に引退するまで41年間で約3万試合、世界戦は97試合を裁いた。11年にJBC(日本ボクシングコミッション)事務局長に就任。15年2月に辞任し、現在はJBC顧問。

<7>大混乱に陥った飯田覚士vs.井岡弘樹の世界タイトル戦

公開日: 更新日:
飯田と死闘を演じた井岡弘樹(C)日刊ゲンダイ

 ボクシングで揉め事が起きやすいのが、試合前日のルール会議だ。

 通常のルールとは別に、両選手と所属するジムの会長などが出席。審判員は双方の意見を聞いた上で、その試合のみ適用されるルールを決める。例えば、挑戦者側が「王者はクリンチが多すぎる。3回目で…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る