森田健
著者のコラム一覧
森田健日本ボクシングコミッション顧問

1935年3月22日、群馬県高崎市生まれ。14歳から高崎ボクシングクラブのモスキート級で活躍し、アマ戦績19勝4敗。58年新和ジムに入門。プロでは21戦13勝5敗3分け。60年に引退後はインドネシア大使館に勤務し、64年に審判員に転向した。同年にジャッジとして、67年にレフェリーとしてデビューすると、2005年に引退するまで41年間で約3万試合、世界戦は97試合を裁いた。11年にJBC(日本ボクシングコミッション)事務局長に就任。15年2月に辞任し、現在はJBC顧問。

<7>大混乱に陥った飯田覚士vs.井岡弘樹の世界タイトル戦

公開日: 更新日:
飯田と死闘を演じた井岡弘樹(C)日刊ゲンダイ

 ボクシングで揉め事が起きやすいのが、試合前日のルール会議だ。

 通常のルールとは別に、両選手と所属するジムの会長などが出席。審判員は双方の意見を聞いた上で、その試合のみ適用されるルールを決める。例えば、挑戦者側が「王者はクリンチが多すぎる。3回目で…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  7. 7

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  8. 8

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  9. 9

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る