選手&監督でCL制覇7人目 ジダンのどこが“名将”なのか

公開日:  更新日:

 就任半年でチームを頂点に導いた。

 日本時間29日午前のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦。PK戦にもつれたアトレチコ・マドリードとの激闘を制し、2年ぶり11度目の欧州王者となったレアル・マドリードのジダン監督(43)は、「史上7人目となる選手、監督としてCL制覇」の快挙を成し遂げた。

「私にとってスペシャルな勝利。選手、コーチ、監督としてCLを制覇した。幸せです」

 しみじみとそう語ったジダン監督は、今年1月に就任。主力選手との確執が表面化したベニテス前監督が成績不振で解任されるという逆風の中、下部組織を率いていたOBのジダン監督に白羽の矢が立てられた。

「ベニテス前監督は、戦術に選手をはめ込み過ぎる傾向にあり、中でもクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイルのアタッカー陣から不満の声が漏れていた。そこでジダンはアタッカー陣に《攻撃に際しては自身のアイデアを尊重していい》と自由を与え、チームの攻撃力のポテンシャルをフルに引き出した。ブラジル人MFカゼミロを中盤の守備の担い手・アンカーに配置した判断も素晴らしかった。これによって攻守のバランスが格段に良化し、CL制覇の原動力になりました」(元サッカー・グラフィック誌編集長でサッカー解説者の中山淳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る