• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

母国から亡命で交渉解禁 元DeNAグリエル早くもモテモテ

 キューバの長距離砲が早くもモテモテだ。

 MLBは13日、キューバから亡命し大リーグでのプレーを希望していたユリエスキ・グリエル内野手(32)の各球団との交渉が可能になったと発表、グリエルはFA選手として獲得を希望する球団と自由に交渉できる。ともにキューバを離れた弟のルルデス内野手(22)はFAを認められなかった。

 14年に日本のDeNAでプレーしたグリエルはキューバの主砲として五輪、WBC合わせて5大会に出場。アテネ(金)、北京(銀)でのメダル取りに貢献した。昨季は国内リーグで49試合に出場し、打率5割、15本塁打をマークした。

 メジャーの複数のスカウトはグリエルの打撃に加えて、内外野こなせる守備力を高く評価。代理人のアダム・カッツ氏のもとには複数の球団からグリエルに関する問い合わせが殺到。13日付の「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)は「ドジャースが獲得を検討している」と報じている。

 同じキューバ出身でヤンキースの守護神チャップマンによると、グリエルはアレックス・ロドリゲスに憧れており、ヤンキースでのプレーを望んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る