機動力生かし首位キープのDeNA “グリエル切り”でチーム好転

公開日: 更新日:

 10日の中日戦には競り負けたものの、首位をキープするDeNA。総額5億円で獲得したグリエルを契約解除するドタバタでズルズルいくかと思ったら、首位に3日以上座るのはチームが最後にAクラス入りした05年以来。開幕したばかりとはいえ、今年は一味違うところを見せている。

 今季の中畑監督は「緻密な野球を続けていけばチャンスはある」と言っていて、「スピード感のある野球」を理想に掲げている。

 この日は、1番石川、2番荒波、3番梶谷と足のある選手が並び、さながら一昔前の「スーパーカートリオ」。六回には、荒波がエラーで出塁、直後の梶谷がランエンドヒットを決めた。中日守備がもたつく隙をついて荒波が本塁を狙い、結果的にアウトとなったものの、積極的な走塁が奏功するケースが目立つ。

 エンドランはもちろん、安打後に次の塁を狙う姿勢もある。1日の広島戦では、ランエンドヒットを3度、バスターエンドランを1度決め、これがすべて得点に結びついた。チーム9盗塁もリーグ2位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る