機動力生かし首位キープのDeNA “グリエル切り”でチーム好転

公開日:  更新日:

 10日の中日戦には競り負けたものの、首位をキープするDeNA。総額5億円で獲得したグリエルを契約解除するドタバタでズルズルいくかと思ったら、首位に3日以上座るのはチームが最後にAクラス入りした05年以来。開幕したばかりとはいえ、今年は一味違うところを見せている。

 今季の中畑監督は「緻密な野球を続けていけばチャンスはある」と言っていて、「スピード感のある野球」を理想に掲げている。

 この日は、1番石川、2番荒波、3番梶谷と足のある選手が並び、さながら一昔前の「スーパーカートリオ」。六回には、荒波がエラーで出塁、直後の梶谷がランエンドヒットを決めた。中日守備がもたつく隙をついて荒波が本塁を狙い、結果的にアウトとなったものの、積極的な走塁が奏功するケースが目立つ。

 エンドランはもちろん、安打後に次の塁を狙う姿勢もある。1日の広島戦では、ランエンドヒットを3度、バスターエンドランを1度決め、これがすべて得点に結びついた。チーム9盗塁もリーグ2位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る