機動力生かし首位キープのDeNA “グリエル切り”でチーム好転

公開日:  更新日:

 10日の中日戦には競り負けたものの、首位をキープするDeNA。総額5億円で獲得したグリエルを契約解除するドタバタでズルズルいくかと思ったら、首位に3日以上座るのはチームが最後にAクラス入りした05年以来。開幕したばかりとはいえ、今年は一味違うところを見せている。

 今季の中畑監督は「緻密な野球を続けていけばチャンスはある」と言っていて、「スピード感のある野球」を理想に掲げている。

 この日は、1番石川、2番荒波、3番梶谷と足のある選手が並び、さながら一昔前の「スーパーカートリオ」。六回には、荒波がエラーで出塁、直後の梶谷がランエンドヒットを決めた。中日守備がもたつく隙をついて荒波が本塁を狙い、結果的にアウトとなったものの、積極的な走塁が奏功するケースが目立つ。

 エンドランはもちろん、安打後に次の塁を狙う姿勢もある。1日の広島戦では、ランエンドヒットを3度、バスターエンドランを1度決め、これがすべて得点に結びついた。チーム9盗塁もリーグ2位だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る