日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元DeNAグリエルが兄弟で亡命 メジャーは弟ルルデスに照準

 日本でもおなじみのキューバ人選手が母国を後にした。

 大リーグ公式ホームページは8日(日本時間9日)、14年にDeNAでプレーしたユリエスキ・グリエル内野手(31)と弟のルルデス・グリエル内野手(22)が亡命したと報じた。記事によれば、ドミニカ共和国で開催されていた中南米諸国による国際大会であるカリビアンシリーズ終了後、メジャー球団との契約を模索し、チームから離れたという。

 兄のユリエスキは14年にDeNAで62試合に出場し打率3割5厘、11本塁打、30打点。昨季は左足の故障で来日せず、4月に契約解除された。

 メジャー各球団が興味を示しているのは今年6月で32歳になる兄よりも今後の成長が見込める弟のルルデスだ。今季はキューバ国内リーグで43試合に出場し、打率3割2分1厘、8本塁打、32打点。先のカリビアンシリーズでは5試合で11打数2安打の打率1割8分2厘に終わったものの、遊撃と外野の複数ポジションをこなせる守備力もメジャーのスカウトが評価しているという。

 キューバ人選手に関する大リーグの規定では23歳以上の選手はFAとみなされる。

 大型契約も手にできるだけにルルデスは23回目の誕生日を迎える10月19日を待ってメジャーと正式に契約を交わすとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事