グリエル解雇は大正解 キューバ選手は“百害あって一利なし”

公開日:  更新日:

「わがままを許している方が問題。断固とした態度を取った」

 DeNAの高田繁GM(69)が強い口調でこう言った。

 2日、キューバ人助っ人のユリエスキ・グリエル(30)との契約解除を発表。制限選手にせず、自由契約にしたのだから、事実上の絶縁である。

「担当者が28日に現地に行っても連絡が取れず、家にまで行ってようやく会った。ビザも取りに行かないし、診断書もない。『故障が完治したらプレーする』の一点張りだったので契約解除にした。行く時期は俺が決めるという感じで、プロとしての責任、義務があるのを理解していない。監督、コーチ、選手がいつ来るんだと気を揉むことの方が問題だから。どこの球団でも行ってもらって結構だよ」(高田GM)

 当初の来日予定が3月24日だったから、確かにプロとしての責任や義務はまったく理解していない。同GMが言うように「わがままを許している方が問題」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る