グリエル解雇は大正解 キューバ選手は“百害あって一利なし”

公開日:  更新日:

「わがままを許している方が問題。断固とした態度を取った」

 DeNAの高田繁GM(69)が強い口調でこう言った。

 2日、キューバ人助っ人のユリエスキ・グリエル(30)との契約解除を発表。制限選手にせず、自由契約にしたのだから、事実上の絶縁である。

「担当者が28日に現地に行っても連絡が取れず、家にまで行ってようやく会った。ビザも取りに行かないし、診断書もない。『故障が完治したらプレーする』の一点張りだったので契約解除にした。行く時期は俺が決めるという感じで、プロとしての責任、義務があるのを理解していない。監督、コーチ、選手がいつ来るんだと気を揉むことの方が問題だから。どこの球団でも行ってもらって結構だよ」(高田GM)

 当初の来日予定が3月24日だったから、確かにプロとしての責任や義務はまったく理解していない。同GMが言うように「わがままを許している方が問題」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る