• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

遅すぎた好投…ヤンキース田中が7回3分の2零封の6勝目

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のホワイトソックス戦に登板。7回3分の2を6安打、1四球、無失点で6勝目(2敗)を挙げた。

 立ち上がりから変化球を低めに集める丁寧な投球。二回には下位打線に連打を浴びて1死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を抑えてつけ入る隙を与えない。六回にも連打で1死一、二塁とされながら、併殺で切り抜けた。

 七回を投げ終えて90球。淡泊な相手打線にも助けられて完封ペースで来たが、八回2死から安打を許したところで降板。メジャー初完封はお預けとなった。

 折しも、この日はMLBがオールスター(12日、サンディエゴ・ペトコパーク)の出場選手を発表。日本人選手では出場の可能性があった田中はア・リーグ投手陣に選ばれなかった。ヤンキースからはベルトラン外野手の他、ベタンセス、ミラーの救援投手2人が選ばれた。田中は選手間投票と監督推薦で決まる控え選手の候補から漏れただけに、今後は故障者の代替要員として選出されるのは絶望的な状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る