遅すぎた好投…ヤンキース田中が7回3分の2零封の6勝目

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のホワイトソックス戦に登板。7回3分の2を6安打、1四球、無失点で6勝目(2敗)を挙げた。

 立ち上がりから変化球を低めに集める丁寧な投球。二回には下位打線に連打を浴びて1死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を抑えてつけ入る隙を与えない。六回にも連打で1死一、二塁とされながら、併殺で切り抜けた。

 七回を投げ終えて90球。淡泊な相手打線にも助けられて完封ペースで来たが、八回2死から安打を許したところで降板。メジャー初完封はお預けとなった。

 折しも、この日はMLBがオールスター(12日、サンディエゴ・ペトコパーク)の出場選手を発表。日本人選手では出場の可能性があった田中はア・リーグ投手陣に選ばれなかった。ヤンキースからはベルトラン外野手の他、ベタンセス、ミラーの救援投手2人が選ばれた。田中は選手間投票と監督推薦で決まる控え選手の候補から漏れただけに、今後は故障者の代替要員として選出されるのは絶望的な状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  8. 8

    安全保障を損得勘定でしか考えられない低知能の似た者同士

  9. 9

    AKB48“最後の1期生”峯岸みなみは芸能界で生き残れるのか

  10. 10

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る