遅すぎた好投…ヤンキース田中が7回3分の2零封の6勝目

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が5日(日本時間6日)のホワイトソックス戦に登板。7回3分の2を6安打、1四球、無失点で6勝目(2敗)を挙げた。

 立ち上がりから変化球を低めに集める丁寧な投球。二回には下位打線に連打を浴びて1死二、三塁のピンチを背負ったが、後続を抑えてつけ入る隙を与えない。六回にも連打で1死一、二塁とされながら、併殺で切り抜けた。

 七回を投げ終えて90球。淡泊な相手打線にも助けられて完封ペースで来たが、八回2死から安打を許したところで降板。メジャー初完封はお預けとなった。

 折しも、この日はMLBがオールスター(12日、サンディエゴ・ペトコパーク)の出場選手を発表。日本人選手では出場の可能性があった田中はア・リーグ投手陣に選ばれなかった。ヤンキースからはベルトラン外野手の他、ベタンセス、ミラーの救援投手2人が選ばれた。田中は選手間投票と監督推薦で決まる控え選手の候補から漏れただけに、今後は故障者の代替要員として選出されるのは絶望的な状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る