背信8安打6失点 ヤンキース田中“リーグ強豪”にまた勝てず

公開日: 更新日:

 エース右腕が不振のチームの足を引っ張った。

 ヤンキース・田中将大(27)が29日(日本時間30日)のレンジャーズ戦に6勝目をかけて登板。6回を1本塁打含む8安打6失点。チームはサヨナラ勝ちしたため、田中に負けはつかなかった。

 田中は同点の三回、連打と四球で満塁のピンチを背負うと、3番マザーラに甘く入った変化球を捉えられ、右中間を破る走者一掃の適時二塁打を浴びる。1死後、内野安打の間に1点を追加され、この回だけで4点を失った。

 六回には先頭オドールに高めに浮いた変化球を左翼スタンドに叩き込まれ、この回を投げ終えたところで降板した。

 相手のレンジャーズは、この試合の前までで51勝27敗とリーグ最高勝率(6割5分4厘)をマーク。投打のバランスが良く、ア・リーグ西地区首位を独走している。その強豪相手に連敗ストップを託されたが、田中は強力打線の勢いにまんまとのみ込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る