• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

六冠も射程圏 ヤクルト山田“即メジャー”なら年俸いくら?

投稿日:  更新日:

「目標は三冠王? 2年連続トリプルスリー? 目標はとにかくチームが勝つことです」

 3日の巨人戦、2試合連続で決勝本塁打を放ったヤクルトの山田哲人(23)が、お立ち台で控えめにこう言った。

 昨年トリプルスリーを達成した若き主砲は、この日で安打数をリーグトップタイの100とし、打率(.344)、本塁打(28)、打点(68)に加え、盗塁(17)、出塁率(.458)と、野手のタイトル部門すべてで1位に躍り出た。プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーはおろか、王貞治、イチローでも成し遂げられなかった前人未到の「六冠王」も射程圏に捉えている。

 飛躍し続ける山田に対し、メジャー球団も調査に本腰を入れつつある。海外FA権を取得するのは早くても5年後の21年だが、「来オフの入札制度によるメジャー挑戦も、視野に入れないといけない。もし『六冠』を達成すれば、今季年俸2億4000万円から5億円到達もある。ヤクルトは近い将来、山田を抱えきれなくなるだろうし、来年3月にはWBCもあり、活躍次第ではメジャー球団の評価はさらに上がるし、山田自身の夢も膨らむはずです」と、見る関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る