六冠も射程圏 ヤクルト山田“即メジャー”なら年俸いくら?

公開日: 更新日:

「目標は三冠王? 2年連続トリプルスリー? 目標はとにかくチームが勝つことです」

 3日の巨人戦、2試合連続で決勝本塁打を放ったヤクルト山田哲人(23)が、お立ち台で控えめにこう言った。

 昨年トリプルスリーを達成した若き主砲は、この日で安打数をリーグトップタイの100とし、打率(.344)、本塁打(28)、打点(68)に加え、盗塁(17)、出塁率(.458)と、野手のタイトル部門すべてで1位に躍り出た。プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーはおろか、王貞治イチローでも成し遂げられなかった前人未到の「六冠王」も射程圏に捉えている。

 飛躍し続ける山田に対し、メジャー球団も調査に本腰を入れつつある。海外FA権を取得するのは早くても5年後の21年だが、「来オフの入札制度によるメジャー挑戦も、視野に入れないといけない。もし『六冠』を達成すれば、今季年俸2億4000万円から5億円到達もある。ヤクルトは近い将来、山田を抱えきれなくなるだろうし、来年3月にはWBCもあり、活躍次第ではメジャー球団の評価はさらに上がるし、山田自身の夢も膨らむはずです」と、見る関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る