• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

六冠も射程圏 ヤクルト山田“即メジャー”なら年俸いくら?

「目標は三冠王? 2年連続トリプルスリー? 目標はとにかくチームが勝つことです」

 3日の巨人戦、2試合連続で決勝本塁打を放ったヤクルトの山田哲人(23)が、お立ち台で控えめにこう言った。

 昨年トリプルスリーを達成した若き主砲は、この日で安打数をリーグトップタイの100とし、打率(.344)、本塁打(28)、打点(68)に加え、盗塁(17)、出塁率(.458)と、野手のタイトル部門すべてで1位に躍り出た。プロ野球史上初の2年連続トリプルスリーはおろか、王貞治、イチローでも成し遂げられなかった前人未到の「六冠王」も射程圏に捉えている。

 飛躍し続ける山田に対し、メジャー球団も調査に本腰を入れつつある。海外FA権を取得するのは早くても5年後の21年だが、「来オフの入札制度によるメジャー挑戦も、視野に入れないといけない。もし『六冠』を達成すれば、今季年俸2億4000万円から5億円到達もある。ヤクルトは近い将来、山田を抱えきれなくなるだろうし、来年3月にはWBCもあり、活躍次第ではメジャー球団の評価はさらに上がるし、山田自身の夢も膨らむはずです」と、見る関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る