マエケン7勝目 カーショウ離脱の穴埋めたエース級の働き

公開日:  更新日:

 ルーキー右腕がチームの緊急事態を救った。

 ドジャース・前田健太(28)が30日(日本時間1日)のブルワーズ戦に登板。6回を3安打1失点、6奪三振4四死球で7勝目(5敗)をマークした。

 初回、安打と連続四死球で1死満塁のピンチ。5番・ヒルの犠飛で先制を許したが、その後は安定感を取り戻した。スライダー、チェンジアップを有効に使い分けブルワーズ打線につけ入る隙を与えない。五回には自らの牽制悪送球もあって一、三塁のピンチを招いたが、3番で12年の本塁打王ブラウンを内野ゴロに仕留めて追加点を与えなかった。

 この日はエースでサイ・ヤング賞左腕のクレイトン・カーショウ(28)が腰と左肩の違和感で故障者リスト(DL)入り。6年連続開幕投手を務めた今季はここまで16試合で11勝(リーグ2位タイ)2敗、防御率1.79(同トップ)と安定した内容でチームの投手陣を牽引してきた。

 試合後の前田は「オールスターまでみんなでカバーしたい」と話したが、ルーキー右腕にはエース級の働きが求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る