日ハムが計る ポルシェおねだり斎藤佑樹の引退タイミング

公開日: 更新日:

「斎藤はこの日も含めて8試合に登板して、最多失点が2です。2失点で済んでいるのは、大きな傷を負う前に降板させてもらっているから。1年目に6勝をマークして以降、成績は右肩下がり。2012年には右肩を痛め、投手としての実力にはとっくに見切りを付けられていますよ」と日本ハムOBのひとりがこう続ける。

「2、3年前まではトレードの申し込みが絶えませんでした。中でもロッテヤクルトが熱心だったと聞いています。けれども球団はこれまでも今後も、斎藤を放出する気はありません。なにしろ斎藤はドラフト1位の人気選手。ただでさえ年俸が高くなった選手は放出するという球団イメージが、斎藤まで放出することでますます悪化しかねませんからね。それに万が一、放出した先で活躍しようものなら赤っ恥です。

 出したくても出すわけにいかないし、かといって球団や首脳陣の方から肩をたたくわけにはいかない。人気も知名度もある選手をぞんざいに扱えば、それこそ球団イメージは地に落ちてしまいます。なので球団はここ数年、斎藤が自ら引退を申し出るのを待っているといいます。たまに先発で起用するのは、本人に力がないことを自覚させるため。勝負どころの前に降板させられる起用が続く理由や背景を自分で理解してもらいたいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る