夜の街でも“孤軍奮闘” 巨人坂本のモテ秘訣は天才的記憶力

公開日: 更新日:

 今年も巨人はだらしない戦いが続いてるわね。まぁ賭博問題のせいで投手は足りないわ、左右の代打の切り札がそれぞれ監督とコーチになっちゃって野手も足りないわじゃ、仕方ないのかもね。

 けどそんな巨人でも、投手で一人、野手で一人だけ奮闘してる。投手は菅野智之クン(26)。打線の援護がまったくないから勝ち星は少ないけど、驚異的な防御率でエースとして君臨してるわ。そんな菅野クンは、六本木のとある巨人選手御用達の小さなレストランバーの常連。先輩の紹介で知ったこの店の個室で、よく彼女とご飯食べてるわ。

 彼は野球にストイックで朴訥としてるから、新しい店の開拓もしないし、いつもこの店で満足みたい。けど最近、いとこにあたる原辰徳元監督の息子さんが麻布十番に料理屋を開いたから、今度はそこばかり行ってる。身内のお店の居心地がいいのも分かるけど、たまには六本木にも戻ってきてね。原さんのお店は週刊誌が日頃からマークしてるから危ないわよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る