夜の街でも“孤軍奮闘” 巨人坂本のモテ秘訣は天才的記憶力

公開日:  更新日:

 今年も巨人はだらしない戦いが続いてるわね。まぁ賭博問題のせいで投手は足りないわ、左右の代打の切り札がそれぞれ監督とコーチになっちゃって野手も足りないわじゃ、仕方ないのかもね。

 けどそんな巨人でも、投手で一人、野手で一人だけ奮闘してる。投手は菅野智之クン(26)。打線の援護がまったくないから勝ち星は少ないけど、驚異的な防御率でエースとして君臨してるわ。そんな菅野クンは、六本木のとある巨人選手御用達の小さなレストランバーの常連。先輩の紹介で知ったこの店の個室で、よく彼女とご飯食べてるわ。

 彼は野球にストイックで朴訥としてるから、新しい店の開拓もしないし、いつもこの店で満足みたい。けど最近、いとこにあたる原辰徳元監督の息子さんが麻布十番に料理屋を開いたから、今度はそこばかり行ってる。身内のお店の居心地がいいのも分かるけど、たまには六本木にも戻ってきてね。原さんのお店は週刊誌が日頃からマークしてるから危ないわよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る