• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夜の街でも“孤軍奮闘” 巨人坂本のモテ秘訣は天才的記憶力

 今年も巨人はだらしない戦いが続いてるわね。まぁ賭博問題のせいで投手は足りないわ、左右の代打の切り札がそれぞれ監督とコーチになっちゃって野手も足りないわじゃ、仕方ないのかもね。

 けどそんな巨人でも、投手で一人、野手で一人だけ奮闘してる。投手は菅野智之クン(26)。打線の援護がまったくないから勝ち星は少ないけど、驚異的な防御率でエースとして君臨してるわ。そんな菅野クンは、六本木のとある巨人選手御用達の小さなレストランバーの常連。先輩の紹介で知ったこの店の個室で、よく彼女とご飯食べてるわ。

 彼は野球にストイックで朴訥としてるから、新しい店の開拓もしないし、いつもこの店で満足みたい。けど最近、いとこにあたる原辰徳元監督の息子さんが麻布十番に料理屋を開いたから、今度はそこばかり行ってる。身内のお店の居心地がいいのも分かるけど、たまには六本木にも戻ってきてね。原さんのお店は週刊誌が日頃からマークしてるから危ないわよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る