日ハムが計る ポルシェおねだり斎藤佑樹の引退タイミング

公開日: 更新日:

 ところが、本人に「引退」なんて気はさらさらないらしい。肩を痛めたからふるわないだけで、相変わらず自分の力はこんなものではない、まだまだバリバリやれると考えているそうだ。

「自分が深刻な状況に置かれているとは夢にも思っていません。合宿所にいたころからあまりにも練習をしないという報告が首脳陣に上がっていたほど。いまでも耳に入ってくるのは夜遊びのウワサばかりです。危機感はゼロのうえ、プライドは人一倍、高い。球威がないのだから打者に踏み込まれないようにした方がいいという周囲のアドバイスに対し、自分は内角を使わなくても勝てると豪語したと聞きました」とは前出のOBだ。

 これでは状況がまったく見えていない「裸の王様」、いや、単なる勘違いヤローではないか。だとすればスキャンダルが表面化したこの日、平然と好投したのも危機感とか「火事場のバカ力」ではなく、たまたま無得点で済んだ偶然ということになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る