三好徹
著者のコラム一覧
三好徹作家、ジャーナリスト

本名・河上雄三。1931年東京生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。読売新聞社に入社。66年作家デビュー。67年に「風塵地帯日本推理作家協会賞、68年には「聖少女」で第58回直木賞を受賞する。歴史小説、スパイ小説、推理小説、近代の伝記の政治家、幕末・明治期の伝説小説、ゴルフに関する著作など、幅広いジャンルで活躍中。「チェ・ゲバラ伝」はロングセラー。

全英オープンで思うこと

公開日: 更新日:

 先週の全英オープンは、日本のゴルフファンには知られていない選手が勝った。スウェーデンのヘンリク・ステンソンで、2位のフィル・ミケルソンに3打の差をつけた20アンダーである。ゴルフの世界で四大トーナメントは、四月のマスターズにはじまって夏の終りの全米プロまであるが、英国で行われる…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る