故千代の富士を理事選で標的に 貴乃花親方の空疎な追悼文

公開日:  更新日:

 31日、すい臓がんで逝去した日本相撲協会の九重親方(享年61)。現役時代は第58代横綱千代の富士としてさまざまな記録を打ち立てただけに、多くの角界関係者が哀悼の意を表した。

 貴乃花親方(43=元横綱)も、そのひとりだ。スポーツニッポンに、哀悼文を掲載。

「現役時代には胸をお借りし、鋼の肉体に額を恐る恐る当てたことも忘れていません」

「私の心は暗闇に迷い込んだかのようです。むなしく、寂しいです」

 などと述べているが、何をかいわんや。自らの野望のため、尊敬する大横綱の「悲願」を打ち砕いたのは誰あろう貴乃花親方自身ではないか。

 九重親方は協会ナンバー2の事業部長だった14年の理事選で落選。これは協会を食いものにしようとした故北の湖理事長の右腕といわれた顧問と貴乃花親方がタッグを組み、九重親方の票をかき集めたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る