日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故千代の富士を理事選で標的に 貴乃花親方の空疎な追悼文

 31日、すい臓がんで逝去した日本相撲協会の九重親方(享年61)。現役時代は第58代横綱千代の富士としてさまざまな記録を打ち立てただけに、多くの角界関係者が哀悼の意を表した。

 貴乃花親方(43=元横綱)も、そのひとりだ。スポーツニッポンに、哀悼文を掲載。

「現役時代には胸をお借りし、鋼の肉体に額を恐る恐る当てたことも忘れていません」

「私の心は暗闇に迷い込んだかのようです。むなしく、寂しいです」

 などと述べているが、何をかいわんや。自らの野望のため、尊敬する大横綱の「悲願」を打ち砕いたのは誰あろう貴乃花親方自身ではないか。

 九重親方は協会ナンバー2の事業部長だった14年の理事選で落選。これは協会を食いものにしようとした故北の湖理事長の右腕といわれた顧問と貴乃花親方がタッグを組み、九重親方の票をかき集めたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事