琴奨菊Vが逆風に 貴乃花理事と裏金顧問最後の“悪あがき”

公開日:  更新日:

「これだけ世界が変わるのか、というくらい変わった」

 こう言って顔をほころばせたのが、1月場所を初優勝で飾った大関琴奨菊(31)だ。日本出身力士の手に賜杯が戻ってきたのは、06年以来となる10年ぶり。昨25日の一夜明け会見に臨んだ大関は、「たまたま節目に重なっただけです。自分が出来たことだから、みんなにもチャンスがある」と謙虚な姿勢を崩さなかった。相撲ファン、そして相撲協会にとっても「日本人力士」の優勝は悲願。日本列島を襲う寒波に負けず、世間は祝福ムード一色だ。しかし、そんな大関に歯ぎしりしているのが貴乃花親方(43=元横綱)と、その参謀、協会の事務方を一手に仕切る裏金顧問ではないか。

 貴乃花親方には八角理事長(52=元横綱北勝海)を押しのけて、自身がトップに立ちたいという野望がある。顧問は貴乃花親方の傍らで、甘い汁を吸い続けたい。もともと、故・北の湖理事長の右腕といわれた人物。理事長の信頼をカサに裏金をカバンにしまうなど、やりたい放題やってきた。顧問にとって、次の「寄生先」が貴乃花親方ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る