琴奨菊Vが逆風に 貴乃花理事と裏金顧問最後の“悪あがき”

公開日:  更新日:

「これだけ世界が変わるのか、というくらい変わった」

 こう言って顔をほころばせたのが、1月場所を初優勝で飾った大関琴奨菊(31)だ。日本出身力士の手に賜杯が戻ってきたのは、06年以来となる10年ぶり。昨25日の一夜明け会見に臨んだ大関は、「たまたま節目に重なっただけです。自分が出来たことだから、みんなにもチャンスがある」と謙虚な姿勢を崩さなかった。相撲ファン、そして相撲協会にとっても「日本人力士」の優勝は悲願。日本列島を襲う寒波に負けず、世間は祝福ムード一色だ。しかし、そんな大関に歯ぎしりしているのが貴乃花親方(43=元横綱)と、その参謀、協会の事務方を一手に仕切る裏金顧問ではないか。

 貴乃花親方には八角理事長(52=元横綱北勝海)を押しのけて、自身がトップに立ちたいという野望がある。顧問は貴乃花親方の傍らで、甘い汁を吸い続けたい。もともと、故・北の湖理事長の右腕といわれた人物。理事長の信頼をカサに裏金をカバンにしまうなど、やりたい放題やってきた。顧問にとって、次の「寄生先」が貴乃花親方ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る