日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

追悼秘話 九重親方を“協会ナンバー2”から下ろした真犯人

 元横綱千代の富士の九重親方が31日、すい臓がんのため都内の病院で死去した。61歳だった。

 昨年9月、がんの手術を受けた後、相撲協会内の職務に復帰していたものの、転移が見つかり、闘病生活を余儀なくされていた。「父親だと思っていた。まさかという思い」と話した愛弟子の佐ノ山親方(元大関千代大海)をはじめ、角界のあちこちから親方の死を悼む声が上がった。

 優勝31回。89年には国民栄誉賞を受賞し、「ウルフ」の愛称でファンに親しまれた昭和の大横綱はしかし、なぜか相撲協会内で頂点を極めることはできなかった。

 08年2月、理事に初当選。審判部長や広報部長などを経て、12年2月から事業部長。「協会ナンバー2」として北の湖理事長を支え、「次期理事長」の座は確実視されたものの、14年1月の理事選でまさかの落選。「票が揃わなかった」と、今年1月の理事選には立候補すらしなかった。もちろん体調の問題もあるとはいえ、「九重親方がナンバー2の座から転げ落ちたのは、北の湖理事長の右腕と言われた顧問の策略だったのです」と、さる親方がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事