貴乃花一派が“反旗” 裏金顧問の陰謀と利用されるメディア

公開日:  更新日:

 タイミングを計ったとしか思えない。

 日本相撲協会の理事候補選を翌日に控えた28日、週刊誌とスポーツ紙が同時に貴乃花親方(43=元横綱)が八角理事長(52=元横綱北勝海)に反旗を翻しているという趣旨の記事を掲載した。

「八角理事長の狡猾なやり口に怒った貴乃花理事」(週刊新潮)、「貴猛反発」(スポーツニッポン)がそれだ。

 ともに八角体制への批判で、問題にしている点は主に2つ。ひとつは昨年12月18日の理事会で八角理事長が就任した過程に正当性がないというもの。もうひとつは理事候補選に出馬するため評議員を退任した山響親方(45=元幕内厳雄)の後任に関し、八角理事長は正式な手続きを踏まず、自分と同じ一門のOBをねじ込もうとしたというものだ。

 まずは、ひとつめの理事長を決める過程に関しての指摘だ。「尾車親方が、“今、代行を務めている八角さんにしましょう”と言い出し、周囲が口を出す間もなく、“いいですか、いいですね”という具合に先に進めてしまった」「最大の問題は、“誰を理事長にするか”という議題について表決を行っていないこと」(週刊新潮)。「(八角理事長就任は)満場一致ではなかった」(スポーツニッポン)。要するに八角理事長が正式な手続きを踏まず、強引に理事長に就任したというのだが、ある親方がこう反論する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る