貴乃花一派が“反旗” 裏金顧問の陰謀と利用されるメディア

公開日:  更新日:

 タイミングを計ったとしか思えない。

 日本相撲協会の理事候補選を翌日に控えた28日、週刊誌とスポーツ紙が同時に貴乃花親方(43=元横綱)が八角理事長(52=元横綱北勝海)に反旗を翻しているという趣旨の記事を掲載した。

「八角理事長の狡猾なやり口に怒った貴乃花理事」(週刊新潮)、「貴猛反発」(スポーツニッポン)がそれだ。

 ともに八角体制への批判で、問題にしている点は主に2つ。ひとつは昨年12月18日の理事会で八角理事長が就任した過程に正当性がないというもの。もうひとつは理事候補選に出馬するため評議員を退任した山響親方(45=元幕内厳雄)の後任に関し、八角理事長は正式な手続きを踏まず、自分と同じ一門のOBをねじ込もうとしたというものだ。

 まずは、ひとつめの理事長を決める過程に関しての指摘だ。「尾車親方が、“今、代行を務めている八角さんにしましょう”と言い出し、周囲が口を出す間もなく、“いいですか、いいですね”という具合に先に進めてしまった」「最大の問題は、“誰を理事長にするか”という議題について表決を行っていないこと」(週刊新潮)。「(八角理事長就任は)満場一致ではなかった」(スポーツニッポン)。要するに八角理事長が正式な手続きを踏まず、強引に理事長に就任したというのだが、ある親方がこう反論する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る