• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴乃花一派が“反旗” 裏金顧問の陰謀と利用されるメディア

 タイミングを計ったとしか思えない。

 日本相撲協会の理事候補選を翌日に控えた28日、週刊誌とスポーツ紙が同時に貴乃花親方(43=元横綱)が八角理事長(52=元横綱北勝海)に反旗を翻しているという趣旨の記事を掲載した。

「八角理事長の狡猾なやり口に怒った貴乃花理事」(週刊新潮)、「貴猛反発」(スポーツニッポン)がそれだ。

 ともに八角体制への批判で、問題にしている点は主に2つ。ひとつは昨年12月18日の理事会で八角理事長が就任した過程に正当性がないというもの。もうひとつは理事候補選に出馬するため評議員を退任した山響親方(45=元幕内厳雄)の後任に関し、八角理事長は正式な手続きを踏まず、自分と同じ一門のOBをねじ込もうとしたというものだ。

 まずは、ひとつめの理事長を決める過程に関しての指摘だ。「尾車親方が、“今、代行を務めている八角さんにしましょう”と言い出し、周囲が口を出す間もなく、“いいですか、いいですね”という具合に先に進めてしまった」「最大の問題は、“誰を理事長にするか”という議題について表決を行っていないこと」(週刊新潮)。「(八角理事長就任は)満場一致ではなかった」(スポーツニッポン)。要するに八角理事長が正式な手続きを踏まず、強引に理事長に就任したというのだが、ある親方がこう反論する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る