• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

信頼関係を実感 イチロー3000安打はマーリンズだからこそ

 7日のロッキーズ戦でメジャー通算3000安打を達成した、マーリンズ・イチロー(42)。しかし、大記録を成し遂げたのはチーム事情によるところも大きい。

 ヤンキース時代から同僚のプラドは「ナインみんなが彼を支え、互いに認め合っている。信頼関係を実感しながら試合をすることは大きな違いがある。それが好調の理由だろう」と話す。

 渡米した01年から所属したマリナーズでは同僚から孤立。ナインからは「ヒットを打つことしか考えてないヤツがいる」「殴ってやりたい」という声すら出ていた。

 12年シーズン途中にトレードで移籍したヤンキースはスーパースターの集まりで、ファンやメディアがシビアな球団。ここでもイチローは馴染めなかった。

 それがマーリンズ2年目の今季は代打出場が多いとはいえ、打率3割超えだ。前2球団と異なり、マーリンズは若手中心。すでに「レジェンド」のイチローは彼らの尊敬の念を集め、イチローも彼らに心を開いた。特別扱いされることで人間関係が円滑になり、大記録へとつながったようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る