信頼関係を実感 イチロー3000安打はマーリンズだからこそ

公開日:  更新日:

 7日のロッキーズ戦でメジャー通算3000安打を達成した、マーリンズ・イチロー(42)。しかし、大記録を成し遂げたのはチーム事情によるところも大きい。

 ヤンキース時代から同僚のプラドは「ナインみんなが彼を支え、互いに認め合っている。信頼関係を実感しながら試合をすることは大きな違いがある。それが好調の理由だろう」と話す。

 渡米した01年から所属したマリナーズでは同僚から孤立。ナインからは「ヒットを打つことしか考えてないヤツがいる」「殴ってやりたい」という声すら出ていた。

 12年シーズン途中にトレードで移籍したヤンキースはスーパースターの集まりで、ファンやメディアがシビアな球団。ここでもイチローは馴染めなかった。

 それがマーリンズ2年目の今季は代打出場が多いとはいえ、打率3割超えだ。前2球団と異なり、マーリンズは若手中心。すでに「レジェンド」のイチローは彼らの尊敬の念を集め、イチローも彼らに心を開いた。特別扱いされることで人間関係が円滑になり、大記録へとつながったようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る