日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迫るトレード期限…42歳イチローに「譲渡申し込み」殺到

 27日(日本時間28日)のフィリーズ戦で出場機会がなかったマーリンズのイチロー(42)。後半戦に入って初めてベンチを温め続け、メジャー通算3000安打まで残り「3」のまま。

 そんな中、メジャーのトレード期限の8月1日(同8月2日)が迫り、プレーオフをにらんだ球団の動きが全米各地で活発化。先日はヤンキースのストッパー、チャップマン(28)がカブスに移籍して話題になったばかりだが、狙われているのは170キロ左腕に限らない。東海岸の代理人関係者によれば「マーリンズにはイチロー(42)をトレードで譲渡して欲しいという申し込みが殺到している」という。

「中でも熱心なのはオリオールズとドジャースだと聞いています。オリオールズは機動力が使えるトップバッターが不在で、4番タイプのアダム・ジョーンズが1番を打つこともあるほど。ドジャースは1番打者に加え、守備範囲の広い外野手が手薄ですからね。ともにプレーオフに備え、トレードによって弱点を補強したいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事