残り2本で足踏みのイチローにマーリンズ指揮官“心中複雑”

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)は3日(日本時間4日)のカブス戦の七回に代打で出場。遊飛に倒れ、あと2と迫っているメジャー通算3000安打達成はまたもお預けとなった。これで7月28日のカージナルス戦で2998安打目を放って以来、6試合10打席連続で快音が聞かれない。足踏み状態が続き、敵地シカゴのカブスファンで埋まるスタンドもため息に包まれたが、偉業達成を誰よりも待ち望んでいるのは他でもないドン・マッティングリー監督だろう。

 今季は2月のキャンプからイチローに関して日米メディアの質問攻めにさらされた。残り10本を切ってからは米メディアから連日「明日はイチローを使うのか」と聞かれ、苦笑いしながら起用法に関する説明を繰り返している。指揮官がイチローの記録達成を心待ちにしているのは明らか。当初は「今年中には達成するだろう」と期待を口にしていたものだが、最近では「早く達成して欲しいものだ」と冗談交じりに話したこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る