残り2本で足踏みのイチローにマーリンズ指揮官“心中複雑”

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)は3日(日本時間4日)のカブス戦の七回に代打で出場。遊飛に倒れ、あと2と迫っているメジャー通算3000安打達成はまたもお預けとなった。これで7月28日のカージナルス戦で2998安打目を放って以来、6試合10打席連続で快音が聞かれない。足踏み状態が続き、敵地シカゴのカブスファンで埋まるスタンドもため息に包まれたが、偉業達成を誰よりも待ち望んでいるのは他でもないドン・マッティングリー監督だろう。

 今季は2月のキャンプからイチローに関して日米メディアの質問攻めにさらされた。残り10本を切ってからは米メディアから連日「明日はイチローを使うのか」と聞かれ、苦笑いしながら起用法に関する説明を繰り返している。指揮官がイチローの記録達成を心待ちにしているのは明らか。当初は「今年中には達成するだろう」と期待を口にしていたものだが、最近では「早く達成して欲しいものだ」と冗談交じりに話したこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る