残り2本で足踏みのイチローにマーリンズ指揮官“心中複雑”

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)は3日(日本時間4日)のカブス戦の七回に代打で出場。遊飛に倒れ、あと2と迫っているメジャー通算3000安打達成はまたもお預けとなった。これで7月28日のカージナルス戦で2998安打目を放って以来、6試合10打席連続で快音が聞かれない。足踏み状態が続き、敵地シカゴのカブスファンで埋まるスタンドもため息に包まれたが、偉業達成を誰よりも待ち望んでいるのは他でもないドン・マッティングリー監督だろう。

 今季は2月のキャンプからイチローに関して日米メディアの質問攻めにさらされた。残り10本を切ってからは米メディアから連日「明日はイチローを使うのか」と聞かれ、苦笑いしながら起用法に関する説明を繰り返している。指揮官がイチローの記録達成を心待ちにしているのは明らか。当初は「今年中には達成するだろう」と期待を口にしていたものだが、最近では「早く達成して欲しいものだ」と冗談交じりに話したこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る